コーヒー

コーヒー豆のおすすめの保存方法 冷凍?冷蔵?常温? 劣化要因から探る

コーヒー教室をしていても必ずと言って良いほど聞かれるのが豆の保存の仕方についてです。

そして皆さん、

「保存は冷蔵庫ですか?その場合冷蔵ですか?冷凍ですか?」
コーヒー好きなマダム
と聞かれます。

私の結論としましてはどちらでもOKです。

それより

コーヒーモンスター
「きちんと密閉できる容器に入れてください。 でないとコーヒーの消臭効果で庫内の嫌な臭いをぐんぐん吸い込んで美味しくなくなりますよ・・・」
と答えています。

コーヒーの劣化要因について知る

とにかく水分と酸素を避ける!

コーヒー豆劣化の要因でまず気をつけたいのは水分です。

濡れてしまうとコーヒーの抽出が始まってしまうのでそのまま保存するのは難しいです。

もう一つ怖いのが酸素です。

酸素に触れるとどんどん劣化していき、香りが飛んで行ってしまいます。

その次に光と温度

そして光に当てることもよくありません。(蛍光灯の光もよくないそうです。)

なので透明の瓶やジップロックにコーヒーをそそまま入れるのもよくありません。

そしてその次くらいで温度といわれています。温度が低い方が劣化速度が遅いです。

ポイントは主な劣化要因は水分や酸素であって光や温度は劣化要因の

一つではありますがそこまでウェイトを占めていない、という事です。

お勧めのコーヒー豆保存方法

冷蔵・冷凍保存が逆効果になることも・・・


多くの人が冷蔵庫に入れるのが良いと思っているのですが、

冷蔵庫の中は水分と酸素・そして色々な食材のにおいでいっぱいです。

もし密閉がしっかりとできていないまま冷蔵庫に保存してしまうと・・・

「あ~鮮度がいいと冷蔵庫の中がコーヒーの香りがしていいわ~♪」
コーヒー好きなマダム
と喜んでいるあなた

それはコーヒー豆から香りが逃げてしまっている証拠です。

さらに庫内の食品のにおいを、コーヒーの消臭効果でどんどん吸い込んでしまい

逆効果になってしまっている恐れがあります。

しっかり密閉できていれば温度が低い方が長持ち

夏場の熱い日以外は別に冷蔵庫に入れなくても、キッチンなどの風通しの良い、

冷暗所であればどこでもいいと思います。

では暑くなる夏場はどうでしたらよいでしょうか・・・

理論上温度が高くなればガスの発生速度も速くなりますので

早く劣化してしまいます。

密閉にはジップロックとタッパーが最強

そこで私がいつもお勧めするのは百円均一にも売っている、

カレーなども冷凍できるジップロックのタイプの袋です。

遮光性の高い、光を通さない袋

(購入した時に豆が入っている袋はほとんどが遮光性の高い袋です。)

に豆を入れ、さらになるべく空気を抜いてジップロックでパチパチっととめます。

これでまず水分を遮断します。

このままですとジップロックは酸素は通してしまいますので

そのジップロックごとタッパーなどに入れてしっかりとフタをします。

そしてそのまま冷蔵庫に入れて保存します。

もし1か月以上まったく飲まないのでしたら冷凍庫にいれます。

常温に戻してから開ける

ただし注意が必要で、冷蔵庫はたしかに年中涼しく、

中は真っ暗ですので保存には向いているといえるんですが、

夏場など庫内と外気の温度差が激しいと、袋を開けた時に、

目には見えない水滴がついてしまい、

乾燥しているコーヒー豆は水分を吸い込み湿気てしまい、

豆の香りが一気に飛んでいってしまいます。

一番いいのはコーヒーを飲む前の晩に冷蔵庫から出しておいて

ゆっくりと常温に戻してから袋を開けるといいのですが、

非常に面倒くさいですよね・・・なので一回分ずつ小分けしておく事をお勧めします。

面倒くさかったら常温保存で十分

ただそれでも「面倒くさい」と言われたので、

私は冷蔵庫保存はあまりお勧めせず、冷暗所にて保存し

なるべく早く飲んで下さいとお伝えしております。

豆のままが保存に1番適しています。

ちなにみ豆は挽いてしまうと劣化速度が格段に速くなります。

豆は粉々に挽かれる事で、表面積が50~100倍ほどに増えてしまいます。

それだけ酸素に触れる面積が増えますので劣化速度も速くなります。

同じ事が「光」や「水分」にも言えます。

さらに挽いた瞬間に香気成分(豆の香り成分)は半分以上が飛んで行ってしまうそうです。

なので豆のまま保存した方が鮮度・香りは長持ちします。

コーヒー豆は鮮度が命

ただ・・「コーヒーは生鮮食品である」と言われるくらい鮮度が命です。

豆であれ挽きであれ、1週間程度で飲み切れるほどの量で購入し、

毎回鮮度の良い豆を購入するのが一番のお勧めです。

とはいえ安売りの時にたくさん買ってお金は少しでも節約したいですよね~

なのできちんと密閉できる容器に入れて冷暗所で保管、セール品を購入して

コーヒーモンスター
浮いたお金でコーヒーミルを購入してご家庭でも挽きたてのコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

コーヒー コーヒー器具

2021/3/16

ドリッパーのサイズに悩んだ時 大は小を兼ねるような兼ねないような 

ドリッパーを買う時に、皆さん色は結構好みがあってすぐ決まるのですが 意外と見落としがちなのがドリッパーのサイズなのです。 1~2杯用と3~4杯用など微妙な違いがあります。 大は小を兼ねる・・と言う言葉がありますがドリッパーの場合はそうとも言い切れません。 今回は2大メーカーであるカリタさんとハリオさんの器具を説明していこうと思います! Contents1 カリタ2 ハリオ3 まとめ カリタ   カリタさんのドリッパーは扇型タイプのロトシリーズと ウェーブタイプのドリッパーがあります。 どちらも5 ...

ReadMore

店舗運営

2021/3/6

営業と接客の違いを個人営業と法人営業の違いから探る!

営業と接客って似ているようで全然違うんです。 わたくしはコーヒーモンスターになる前、新卒で入社したのはカーディーラーでした。 その時は営業職で入社しており、これが営業だと思っていました。 その後紆余曲折・・海産物を扱う会社に営業職で転職します。 しかし成果が出せずに コーヒーモンスター営業はむいていないな・・・ と壁にぶち当たりました。 当時29歳、この時わたくしは自分には接客業が向いてるんだ!と気づかされます。 コーヒーモンスター公務員を目指し2年間勉強して結局試験に落ちたと言う悲しい話はまたいつかする ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

-コーヒー

© 2021 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5