コーヒー

コロンビアマイルドとは コーヒーの病気に負けない品種を求めて

先日お昼ご飯を食べ終わり、少しボケーっとしていたらお客様から

「昔のコロンビアはよかった、一時期悪かったが最近またよくなってきた」
コーヒー好きなムッシュ
と言われました。

コーヒーモンスター
一体何者だったのか・・・私は試されたのか・・・
と思ったのでした・・・。

コロンアマイルドとは

突然ですがコロンビアマイルドとはコーヒー取引上の分類用語の事です。

コーヒーは「先物取引」という形式で、アラビカ種はニューヨーク市場で、

ロブスタ種はロンドン市場で取引が行われています。

大きく4つのカテゴリーがあり、

「コロンビアマイルド」「アザーマイルド」

「ブラジル&アザーアラビカ」「ロブスタ」と分類されています。

①コロンビアマイルド

コロンビア、ケニア、タンザニアの3つの国の水洗式(ウォシュド)

のアラビカ種のコーヒーのことを指します。

水洗式とは、収穫後まず水槽に入れられ

そこでフローター(過熟果実や不完全な果実・木や枝などの軽い異物)

を取り除き、その後パルパーと言う機械で果肉除去を行ったのち

発酵槽にてミューシレージを除去し、次に水路で水洗

その後乾燥させる精選方法で、設備費用がかかり参入障壁も高いですが

混入物が少なく綺麗な状態で出荷することができるため

コーヒー豆そのものの価値が高めです。

②アザーマイルド

コロンビア・ケニア・タンザニアを除く(主に中米産の)

水洗式(ウォシュド)のアラビカコーヒーのこと。

アザーと聞くと、コロンビアマイルドには

劣っている感がありますが必ずしもそうではありません。

③ブラジル&アザーアラビカ

ブラジル、エチオピアなどのアラビカコーヒーのことで

こちらは乾燥式(ナチュラル)の精選方法を取っています。

アンウォシュドとも呼ばれています。

収穫したコーヒーの実をそのまま天日干しで乾燥

その後パルパーで果肉と種を分ける精選方法です。

水洗式に比べ低コストで大量生産にも向いています。

だからと言ってこちらも劣っているわけではありません。

ちなみに最近ではアンウォシュドという言い方も汚らしい

イメージが先行してしまいマイナスな印象を与える為

あまり使われていないです。

天然の・・自然の・・・と言った良いイメージのある

ナチュラルと言われることの方が多いです。

④ロブスタ

ロブスタ種のコーヒー豆の事です・主にインドネシア

ベトナムなどで生産されています。

病気や気候変動にも強く、痩せた土壌でも生産が可能です。

どちらかと言うと麦茶よりの香りと味で

アラビカ種より華やかさにかけます。

そのためアラビカ種より安価で取引されており

広大な土地で大量生産されているイメージがあります。

さび病と品種改良

恐ろしいさび病

かつてコロンビアの主要栽培品種はティピカ種という品種の豆でした。

粒が大きく形も良い、すぐれた香味を持ったコロンビアコーヒーは

「コロンビアマイルド」と呼ばれ世界最高峰のコーヒーと称賛されていました。

しかしながら栽培品種の植替えなどが進み

かつてコロンビアマイルドを支えたティピカ種も

現在ではコロンビア全体の数%以下と大変希少な品種となってしまいました。

なぜなら「さび病」という恐ろしい病気が中南米のコーヒー農園に猛威を振ったのです。

カビの一種による伝染病で、感染するとコーヒーの木の葉に

オレンジ色のサビのような胞子がくっついてしまい

光合成ができなくなってしまいます。

画像の葉の色が変わっている部分がそうです。

最終的には木そのものが枯れてしまう・・・という病気です。

そのカビ菌は葉から葉へ、木から木へと広がり

農園全体、また地域全体へと大きな被害をもたらしました。

今では紅茶の産地として有名なスリランカも

昔はコーヒーの生産が盛んな国でした。

しかしさび病が蔓延してしまい、コーヒー農園は壊滅的なダメージを受けることに・・・

それで止む無く紅茶の栽培へと舵を切ったのです。

病気に負けない強い品種を求めて

 

そもそもコーヒー豆は農作物であり、それを生産している現地の人々がいます。

現地の人々は、それを売って収入を得ているわけで

極端な話、食うか死ぬか・・という状況におかれています。

いかに収入を増やすか、そしていかに収入を安定させるか・・

と考えるのは至極当然の事であります。

そこで色々と研究・試行錯誤し、コーヒー豆の品種改良を行ないました。

風味は良いが病気に弱い従来の「アラビカ種」・・・

風味は劣るが病気に強い「ロブスタ種」・・・

この二つをかけ合わせた交配種(ハイブリッド)を導入することにより

病気に負けないコーヒー豆を模索していきました。

しかし、以前のアラビカ種コーヒーと新しい交配種では多少なりとも風味が異なります。

悪く言ってしまえば、味は二の次・・・・

とにかく大量に収穫でき、病気にも負けない

劣悪な環境下でも育てることができる品種・・・

と改良を重ねていった結果

かつてのような「コロンビア・マイルドコーヒーはもはや失われてしまった」

と評価する人もいるわけです。

品質へのこだわり

コロンビア産のハイブリットで有名なのが「ヴァリエダコロンビア」という品種です。

「コロンビア」とも呼ばれています。

さび病に耐性があり、粒が大きく収穫量が多いです。

現在でもコロンビアで主流の品種といえますが

アラビカ種の豆と比べると風味に劣る、という評価が多く

消費国の評価は好意的ではありません。

そんな中、コロンビアではさらに品種の開発がすすみ

交配種をさらにアラビカ種に近づけた「カスティージョ」という品種が作られました。

カスティージョはさび病に強いアラビカ種の一種で

FNCのコーヒー研究所、Cenicafé(セニカフェ)

の品種改良技術により開発されました。

豊富な生産量とカップのクオリティを兼ね備えている品種です。

現在、ヴァリエダコロンビアからカスティージョへの植え替えが進みつつあります。

近年、このカスティージョが入ったロットが

国際品評会「カップ・オブ・エクセレンス」に入賞するという実績も多数あり

かつての「コロンビア・マイルド」を取り戻しつつあります。

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

 

-コーヒー

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5