コーヒー コーヒー器具

コーヒードリッパー ハリオとカリタはどっちが使いやすい?

店頭に立っているとドリッパーをお探しのお客様の

多くが悩んでおられます。

カリタとハリオってどっちがいいの?
コーヒー好きなムッシュ
コーヒーモンスター
どっちにも良さがありますよ!

何が違うのか見ていきましょう!

穴の違いで落ちるスピードが違います

カリタは小さな三つ穴

カリタのドリッパーは縦一列に小さい穴が三つあいています。

穴が小さいのでお湯はゆっくり落ちます。

なのでお湯の注ぐ量が多いとペーパー内に湯だまりができてしまいます。

私はよく「お湯の中をコーヒーが泳ぐ」と表現しているんですが、お湯にコーヒー豆が浮いてしまって流れてしまう状態を指します。

湯だまりができて、コーヒーがお湯の中で動き回ると、浸透圧が弱まりしっかりとコーヒーの粉から旨みを引き出す事ができません。

ペーパー内にお湯がどんどんたまっていく場合は「お湯を注ぐ量」つまりは「お湯を注ぐスピード」が速いと言えます。

わたしは勝手に湯だまりができるとお湯を注ぐのが速い事の目安です、と言っています。

もっとゆっくり、お湯を細くそそぐ事でペーパー内の湯量を調節します。

そうすることでしっかりと成分を引き出したした抽出が可能です。

ハリオは大きな一つ穴

ハリオの「V60ドリッパー」は大きな穴が一つあいています。

大きな穴なのでお湯はスピーディーに落ちます。

なので早くお湯をそそげば、短時間で抽出が可能ですし、ゆっくりお湯をそそげば長時間の抽出も可能です。

つまり作れるコーヒーの味の幅が広いと言えます。

しかし、細くお湯を注ぐのが苦手な方ですと抽出がすぐに終わってしまって、軽いテイストのコーヒーとなってしまいます。

皆さん、「あ!と言う間にすぐに沸くテ〇ファール」を使っていませんか?

結構な人がそのままお湯を注いでいると思うんですが、注ぎ口がとても大きいので”ドバッ”っとお湯が出てしまいます。

すると短時間で抽出することになってしまいますのでお店で飲むよりおいしくない、コクがない・・・と感じてしまうかもしれません。

初心者は三つ穴 慣れてきたら一つ穴

カリタの三つ穴の場合なら落ちる速度はある程度制限されます。

仮にお湯を注ぐのが速かったとしてもハリオのV60ドリッパーよりコントロールはしやすいと思います。

なのでカリタのロトは初心者向け、少し慣れてきて抽出のコントロールができるようになってきたらハリオのV60と使い分けてみるのもおもしろいと思います。

あとはハリオのV60の方が円錐形である為、中心部のかさが深いので少ないコーヒーを抽出する時も蒸らし段階の豆の膨らみを実感しやすく、ドリッパーの形も丸い為、中心部にお湯を注ぎやすいです。

細口のケトルを持っていない、お湯はやかんからそのまま注ぐ!と言う人にはカリタ

コーヒーにハマってきて細口ドリップポットも買ったよ!と言う人はハリオのV60がおもしろいかもしれません。

三つ穴だけど円形のウェーブドリッパー

これでは少しカリタさんの悪口になってしますので、カリタのウェーブドリッパーも紹介します。

今まで紹介してきたドリッパーは、蒸らしを行う際にガスの通り抜ける道=リブと言われるスジがドリッパーについています。

各メーカー色々なリブの形をしており、そこに各メーカーの特徴と思惑が表れています。

ですがこのウェーブドリッパーにはリブがついていません。その代わりにリブの役目をはたすのがペーパーフィルターになります。

ウェーブフィルターと言われるこのフィルターがドリッパーとペーパーの間に隙間を作り、ガスの抜け道を確保してくれます。

この形のペーパーは昔から業務用のコーヒーメーカーで使われていた形でとても理にかなっていると私は思います。

カリタのロトとは違い上から見ると丸い形をしており、お湯も注ぎやすいです。

穴はカリタの三つ穴を継承しており、穴が円の中に三角形になるよう均等に配置されています。三つ穴のいいとこと円錐形のいいとこを合わせたようなイメージです。

ただしプラスチック製のお手頃価格タイプがなく、初めてドリッパーを購入する・・・という人には少し手が出にくいです。

コーヒーモンスター
ドリッパーは年をとっても老けませんが、わたくしは年々おじさんになってきました。 結局は長く使いたくなる、使っていて愛着がわく・・そんなかわいい・カッコいい器具を買うのが値段に関係なく一番だと思います。

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

 

-コーヒー, コーヒー器具

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5