コーヒー

モカって何?エチオピアモカなどの品種・アレンジコーヒー・器具 それぞれのモカ

先日お客様に

「モカ下さい」
コーヒー好きなマダム
と言われたので

ストレートとブレンドもありますよ~

と答えたら

「・・・甘いやつ」
コーヒー好きなマダム

もしやこの感じはカフェモカの事だな・・・

と思って

コーヒーモンスター
チョコレートソースのかかったやつですか?
と聞いたらやっぱりそうでした。

「モカ」と言っても色々あるよな・・

と思いまとめてみる事にしたのでした。

コーヒー豆の種類としてのモカ

「モカ」の名前がついているコーヒー豆原産国はイエメンとエチオピアの2ヶ国です。

イエメンにある港、モカ港から輸出された事が名前の由来で、イエメン産・エチオピア産のどちらも同じ港から輸出されていたため、どちらも「モカ」と呼ばれています。

そのモカ港も現在は閉鎖されているようです。

イエメンのモカ

イエメン産のモカは「モカマタリ」と呼ばれています。

マタリとは、聞いた話ではイエメンの有名なコーヒー栽培の産地であるバニーマタルからきているようです。

国の情勢も緊迫しておりコーヒー豆の安定供給は難しいです、その分お値段も高めです。

エチオピアのモカ

エチオピア産のモカはどの生産地区によって栽培されたかでいくつか種類があります。

「ハラ―」「シダモ」「イルガチェフェ」「レケンプティ」などが有名です。

私もいつも勉強させていただいている旦部さんのコーヒーブログ「百珈苑BLOG」にとても素晴らしい地図と詳しいエチオピアの歴史が書かれています。

こちらからチェックしてみてください!

アレンジコーヒーの1種としてのモカ(カフェモカ)

冒頭の甘いコーヒーがこのカフェモカです。

エスプレッソにチョコレートシロップやチョコレートソース、さらにスチームドミルクが入ったコーヒーです。

ほとんどのお店がエスプレッソ用にブレンドされた豆を使用してエスプレッソを抽出しており、ストレートのモカで抽出されてはいません。

ここで言う「モカ」とは、最初に紹介したモカという品種の豆にチョコレートやカカオ・アーモンド系のテイストを感じ、それに似ている事からその名がついたそうです。。

コーヒーの抽出器具としてのモカ(マキネッタ)

これは直接火にかけてコーヒーを抽出する器具です。

代表的なものにイタリアのビアレッティ社のモカエキスプレスというのがあります。

いわゆる直火式エスプレッソを淹れる専用の器具です。

加熱され水蒸気が発生し、ある程度圧がかかる事で、通常にドリップ抽出したコーヒーよりも味が濃いです。

おそらく・・エキスプレス=「早い」のイメージと、圧力をかけて抽出する事からエスプレッソとして広まったんだろうと思いますが

私はエスプレッソマシンに比べると圧力が弱く、抽出時間も異なるのでエスプレッソとは別物だと考えています。

前置きが長くなりましたが、イタリアではマキネッタで抽出したコーヒーをエスプレッソと区別して「モカ」と呼んでいるそうです。

ではなぜモカなのか・・・調べてはみたんですがわかりませんでした。

親しみを込めた愛称なんだと思います。

モカ=「コーヒーの代名詞」みたいな感じで幅広く使われているんですね~便利なやつです。

コーヒーモンスター
私も息子を園に送ったり

食器洗ったり・・・

えぇ、休日は家中掃除したりと便利なやつなんです・・・

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

-コーヒー

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5