コーヒー

コーヒー豆のカフェインはどうやって抜くの?除去方法を4種類紹介

よくお客様にカフェインはどうやって抜くの?って

聞かれます。

本日はカフェインの除去方法を4種類紹介いたします。

コーヒーモンスター
ちなみにカフェインは焙煎前の生豆の段階で取り除きます!

カフェインの除去方法を4種紹介

有機溶剤による脱カフェイン法

コーヒーの生豆を有機溶剤に浸して、カフェインを取り除く方法です。

ジクロロメタンという有機溶剤が使われる事が多く

ローコストでの脱カフェインが可能です。

カフェインの溶解度が高く、再利用も可能で一見良さそうですが

発がん性の問題などがあり、日本では販売が禁止されています。

また、コーヒーの旨味や香りとなる成分も

一緒に取り除いてしまうというデメリットがあります。

超臨界炭酸ガスによる脱カフェイン法

炭酸ガス(二酸化炭素)を利用した脱カフェイン方法で

高圧下(温度:約80℃、圧力:約250気圧)

で超臨界という特殊な状態にした二酸化炭素

によってカフェインが抽出されます。

超臨界・・・言葉では「?」という感じでとにかくすごそうな感じがしますね。

液体と気体が一緒に入った真空の容器があって

そこに熱と圧力を加えていくとやがて

液体の水の密度と水蒸気の密度が同じ値になります・・・

このとき、全体が液体の水と水蒸気の区別がつかなくなり一つの相となります

この状態が超臨界だそうです。

日本分光さんのホームページで勉強しました。

むむ・・・さらにわからなくなりましたので色々調べていると

動画を発見。2分40秒ころが超臨界の状態です。

気になる方は見てみて下さい。

この方法はカフェインだけを取り除くのに特化していて味への影響も少ないのですが

その分コストが高くなってしまいます。

液体二酸化炭素抽出法

今までカフェインレス・コーヒーでは半ば諦めていた

コーヒー本来の香りや、美味しさを残せる新しい抽出方法です。

カフェイン残留率を0.1%以下(EU規格)に抑えた画期的な製法で

一般的なウォータープロセスや超臨界二酸化炭素抽出製法と

比べても低温・低圧(温度:約25℃、圧力:約65気圧)のため

より豆にやさしく

デカフェ特有の変色や青みのあるプロセス香も相当抑えられており

香りや味が損なわれにくいのが特徴です。

ちなみにBASE CAMP.An BASE店で扱っている

デカフェはこのタイプの豆になります。

BASECAMP.An BASE店

 

水による脱カフェイン法

カナダのスイスウォーター社が特許を取得しており

「スイスウォータープロセス」とも呼ばれています。

スイスウォーター社のHP ※注 海外のサイトにとびます)

有機溶媒が直接コーヒー豆に接触しないので

安全性が高いと言えます。

簡単に説明すると・・・コーヒーの生豆を水につけます

カフェインやそれ以外の成分を水に溶け出させます。

その成分が溶け出た水からカフェインだけを抜き取ります。

その後、カフェインのなくなった水にまた生豆を投入し

取り除かれた残りの成分を再び生豆に戻します。

使用した有機溶媒の再回収が容易で

再利用できるため経済的な脱カフェイン法だといわれています。

コーヒー本来の味を落とさず、なおかつコストがかかりすぎないということで

コーヒーのデカフェには「スイスウォータープロセス」が多いです。

 

是非お試しあれ

デカフェであってもコーヒーに含まれるクロロゲン酸

などのポリフェノールはしっかりと残っています。

ポリフェノールは、消化液の分泌を助けるため

消化を促進する作用があります。

さらに、血糖値の上昇を抑える作用もあり

体内で余った糖が脂肪に変わるのを抑制してくれます。

カフェインが気になる方は是非試してみて下さい!

突然ですが、サントリーグローバルイノベーションセンター(株)

が研究助成を行ったUniversity of California, Davis校の研究チームが

2017年、世界で初めてアラビカ種コーヒーの木の

ゲノムの解読に成功したそうです。

いつかはカフェインが全く入っていない新しい品種が誕生することでしょう!

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

-コーヒー

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5