コーヒー コーヒー抽出

アメリカンコーヒーとは? 薄め(お湯割り)と軽めの違い

先日マダムが来店し、

「おたくのアメリカンコーヒーはお湯で薄めてるやつ?」
コーヒー好きなマダム

と聞かれ

コーヒーモンスター
「どっちでもご用意出来ます」(・∀・)キリッ ・・
とどや顔しました。

違う日には豆を買いに来たお客様に

「アメリカンブレンドないの?」
いかした紳士
と言われ

コーヒーモンスター
「アメリカンブレンドという名前のコーヒーは

ないんですがアメリカン用の豆ならあります」

と浅煎りのブラジル産やドミニカ産の豆を勧めたんですが

上手く伝えられなかったのかお客様には「アメリカンブレンド」という

名前の豆でないとアメリカンではない!と突っぱねられてしまいました。

アメリカンコーヒーとは

アメリカンコーヒーとは簡単に言えば焙煎度の

浅いコーヒー豆を使用して抽出したコーヒーの事です。

好みの味のコーヒー豆を選ぶ時のポイントでも記載したとおり

好みの味のコーヒー豆を選ぶ時のポイント 値段は関係ない!

焙煎が浅い方が軽めのライトテイストで酸味を感じやすい

つまりは苦味を感じにくい味と言えます。

ブレンドでもストレートでもアメリカンはアメリカン

アメリカンコーヒーとは浅煎りの豆で抽出したコーヒーですので

ブレンドしていようがいまいがアメリカンと言えます。

ただ、商品名の様に思っている人も多いですので

多くはアメリカンブレンドというネーミングで販売されております。

もしくはライトテイストとか書かれているかもしれません。

お店によってはただのお湯割りのところも

冒頭で「どっちも」と書いたのはお湯で割ったコーヒーを

「アメリカンコーヒー」として提供している

コーヒー屋さんもたくさんあるためです。

アメリカンを頼んだ時だけ大きいカップで

提供されたら、もしかしたらお湯割りかもしれません。

薄いコーヒー?軽めに抽出したコーヒー?

アメリカンとは浅煎りの豆で抽出したコーヒーであることは

先ほど書きましたが、ここでは濃度について触れていきたいと思います。

アメリカン=薄いコーヒーの印象がありますが、変な書き方をすると

アメリカン=浅煎りの豆で抽出した、濃度は濃いめのコーヒー

なんて考えています。

お湯に溶ける成分の違い

コーヒー豆は大まかに言うと最初に酸味成分が出て行き

次いで苦味成分→コク→雑味・渋味といった順番に味が出て行きます。

しかし日本茶や紅茶と少し違ってコーヒーの場合は

それがある程度同時進行で進む点が抽出の難しい所だと思います。

酸味が出きってから苦味が出始める・・・というわけではなく

ある程度は同時に出ていってしまいます。

ここでわかりにくい(笑)図を用意してみましたのでどうぞ!

焙煎度の浅いコーヒーの成分(アメリカンコーヒー)

わかりにくくて申し訳ないのですが下の図(図1)

をみていただいて、酸味成分はある程度先に抽出され

苦味成分がまだ少ない事をイメージしていただければと思います。

このまま深煎りのコーヒー豆の場合だと・・

抽出を進めるにつれ苦味が抽出され、続いて雑味や渋みがでてきます。

ですが浅煎りのコーヒー豆の場合は苦味成分が少ないので

そのまま旨みやコク,そして抽出し過ぎると雑味・渋みが

抽出されるイメージです。

 

薄めのコーヒー

次に薄めのコーヒーとは薄味になるようお湯で割ったコーヒーを指します。

通常通り抽出したコーヒーをお湯で割る事によって

液体に溶けているコーヒーの成分が少なくなっています。

ここではわかりやすく倍の量に薄めた物を下図(図2)

に示しておきます。溶け込んでいるコーヒーの成分が半分になっています。

どんな豆でも「お湯で割ればアメリカン」と思われがちですが

アメリカンコーヒー=薄いコーヒーではないのです。

軽めのコーヒー

次に軽めのコーヒーとは、軽くなるように抽出したコーヒーを指し

抽出時間を短くしたり、豆を少し粗めに挽いて抽出しています。

言い換えると苦味やコクがたくさん溶け出る前に抽出を終えてしまいます。

下図(図3)にイメージを貼っておきます。

この場合、本来のアメリカンコーヒーの柔らかさや甘味・コクなどはまだ少ないです。

 

浅く焼いても深く焼いてもカフェインの量は一緒

薄めと軽めについて記入している記事はほとんど読んだことがなく

あくまでわたくしが個人的に使い分けている事であります。

でも本格的なコーヒー屋さんに入って、アメリカンを注文したとき

薄い味の水っぽいコーヒーが出てきたらちょっとショックですよね!?

あとは「アメリカン=カフェインが少ない!」と思っている人が

多いのですが実はそんな事はありません。

逆に「浅煎りの方が実はカフェインが多い!」と思っている人も

いるのですがそれも間違っています。

どこで読んだかは覚えていませんが・・・

「焙煎が進むにつれてカフェインが失われるため、浅煎りの豆のほうが実はカフェインが多い」

と言う記事を読んだことがあります・・・

ですがコーヒー豆は結局は育った土壌や環境

品種によるところが大きく影響していて

焙煎具合でカフェインの量が変わる事はほぼありません!

コーヒーモンスター
薄め=成分をしっかり出したコーヒーをお湯で割って濃度が薄くなったコーヒー 軽め=苦味成分などをなるべく抽出せず抽出したコーヒー・・・ と勝手に決めているのです。

 

コーヒー

2021/7/19

偉人とコーヒー●偉大な功績はコーヒーのおかげ!?ナポレオンとベートーベン

私はもちろんの事、きっとこのページに辿り着いたあなたもコーヒーが大好きに違いありません! 一日に何杯も飲んだり・・・ 仕事終わりに一杯飲んで疲れを癒したり・・・ 休日に音楽を聴きながらコーヒーを飲んでリラックスしたり・・・ 眠くなった時に飲んで目を覚ましてもうひと頑張りしたり・・・ とさまざまなシーンでコーヒーのお世話になっている事と思います。 コーヒーモンスターこれは、私達一般人だけではなく歴史上の偉人達も同じだったようです そんな今回はコーヒーが大好きで、きっと「コーヒー無しでは生きられない!」 と言 ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/8

カリタのドリッパー・扇形ロトとウェーブドリッパーの違い

  カリタのドリッパーと言えば3つ穴ですよね! コーヒーモンスターなんですがカリタの3つ穴も2種類あるんです。 今回はカリタの3つ穴の2種類・・ 扇形タイプのロトと円すいと扇形の中間的なウェーブドリッパーの 違いを探っていきます。 わかりやすいようにウェーブドリッパーのサーバーに乗せるための 下の黒いパーツは外しております。   Contents1 形状の違い2 穴の配置の違い3 リブの違い4 抽出の違い5 まとめ 形状の違い まずは形状の違いですが、正面から見ると思ったより似ています ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/2

円すいドリッパー▼ハリオ・コーノ・CAFEC ▼3社の違いと特徴

今回は見た目そっくりな3社のドリッパーを比べてみます。 全て樹脂製のドリッパーで比べています。 陶器製ですと物によって若干の誤差があったります。 あと陶器製より樹脂製の方がリブがしっかり立っていると思います。 樹脂製の方が型に流し込んで整形するので均一的です。 コーヒーモンスターでは見ていきましょう Contents1 形の違い1.1 形状はほとんど同じ1.2 リブの違い1.3 穴の大きさの違い2 抽出速度からくる味の違い 形の違い   形状はほとんど同じ どれも円すい系なので基本的な形はほとん ...

ReadMore

コーヒー

2021/7/2

コーヒーの品種 ~インドネシア~マンデリンやトラジャなど・生産地域と特徴

わたくしも好きでよく飲むインドネシアのコーヒー 種類がいっぱいあって色々楽しめます。 でもインドネシアの9割近くはカネフォラ種を栽培しているんです。 ですが日本でよく聞く銘柄はほとんどアラビカ種です。 今回は島ごとに栽培している豆の違いを探っていきます。 コーヒーモンスターお店でみかけたらインドネシアのどこで取れた豆なのか意識してみると面白いですよ!   Contents1 インドネシアのコーヒーの歴史1.1 たくさんの島があります1.2 簡単な歴史1.3 サビ病に被害2 主な生産地域2.1 ス ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2021/7/2

細挽き・中挽き・粗挽き 違いを飲み比べてみました

  今回はコーヒーの粉の大きさが抽出に与える影響をみていこうと思います。 コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すか・お湯と粉の触れ合う時間によると何回も書いてきました。 コーヒーモンスター今回はお湯を注ぐタイミングはなるべく一定に抽出し、最後規定量まで落ちるのを待って抽出しました。 今回もどれが正解というわけではなく、淹れ方によって味を意図的に変える事ができますので 好みの味に近づける事が出来るという事を知って欲しいと思います。 この記事を読む前に是非この前書いたこちら ↓ の記事も読んで下さい ...

ReadMore

-コーヒー, コーヒー抽出

© 2021 BASE CAMP.An Powered by AFFINGER5