コーヒー

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェ 何が違うの?1日何杯まで大丈夫?妊婦さんは?

ノンカフェインとカフェインレス・・・ノンなのかレスなのか・

似て非なるこの二つ。

・・・そう、寝ているんじゃない、目をつぶっているだけ・・・

と言ってうとうとしていたら怒られ

気づけば明け方ゴソゴソと布団に入る・・・

コーヒーモンスター
どうも!コーヒーモンスターは今日も元気です

カフェインレス・デカフェ・ノンカフェイン それぞれの違い

最近日本でもカフェインレスコーヒーの

需要が高まってきたかと思います。

ですが欧米では以前からカフェインレスコーヒーの需要があり

市場の30%程度を占めるにいたっているそうです。

「カフェインレス」は読んで字のごとく・・・

何となくイメージできます。

一方「デカフェ」って言われても最初は何の事かわかりませんでした。

結局はほとんど同じ意味合いで使われています。

カフェインレスとデカフェはカフェインがほんの少し残ってる

カフェインレスもデカフェも

本来カフェインを含んでいる物から

カフェインを取り除いた物になります。

なのでカフェインレス・デカフェと言っても

微量ながらカフェインが入っています。

コーヒーモンスター
カフェインレスが英語 デカフェはフランス語の差です。

ほぼ同じ意味合いだと言われています。

ヨーロッパでは規定が設けられていまして

カフェイン含量がコーヒー豆中の0.2%以下

(インスタント・コーヒーでは0.3%以下)

であるもの以外はデカフェという名称を使うことはできないそうです。

ちなみに日本ではカフェイン含量の規定はまだありません。

ノンカフェインはカフェインが全く入っていない

ノンカフェインは元からカフェインが全く入っていない物になります。

NONが「ない」という意味で

LESSが「より少なく」という意味です。

カフェインレスのコーヒーは既に存在していますが

まだノンカフェインのコーヒーは市場には出回ってはいません。

色々な国でもう100年も前から研究されているようですが

コーヒーの美味しさはそのままにカフェインをまったく含まない

新しい品種というのは私の知る限りまだ生産されていないようです。

 

カフェインは苦味と濁りの要因の一つです

カフェインはコーヒーの苦味の要因の一つであり

コーヒーの濁りの原因とも言われています。

品種や生産地・土壌環境などによって異なりますが

アラビカ種に比べカネフォラ種の方がカフェインを多く含んでいます(約2倍)。

もっとクリアなアイスコーヒーが飲みたい・・とお客様から言われ

話を聞いていたらカネフォラ種の豆で抽出していたという

お客様が過去に一人だけいました。

こう書くとカネフォラ種が悪いみたいで嫌なんですが

スッキリクリアなテイストのコーヒーには向いていないと思います。

また、水出しアイスコーヒーは冷たいお水で抽出する事でカフェイン

が溶け出しにくくまろやかな味になります。

1日何杯まで大丈夫?カフェイン濃度から考える

コーヒーやお茶のカフェイン濃度

ちなにみカフェイン=コーヒーといったイメージがありますが

お茶なんかにも含まれており、コーヒーだけ控えても意味がありません。

とても参考になる資料がありますので貼っておきます。

引用:食品安全委員会 食品中のカフェイン 参照

大人の目安は1日3~4杯がお勧め

食品安全委員会という機関の海外のデータ(下に図があります)

のまとめによると

1日マグカップ3杯程度(1杯237mlとする)を推奨しております。

コーヒーモンスター
我が家のカップなら1杯180ccくらいなので 約4杯飲んでも大丈夫のようです!

 

ただしアメリカンコーヒーとは? 薄め(お湯割り)と軽めの違い

アメリカンコーヒーとは? 薄め(お湯割り)と軽めの違い

にも書きましたが

コーヒー豆の使用量などで濃度にも差がでてきます。

濃度が濃ければ成分も多くなりますので注意して下さい!

妊婦さん・授乳中のお母さんは?

こちらも食品安全委員会の資料をお借りしたと思います。

国によっても数値が異なり、あくまで海外の目安程度ではありますが

1日に1~2杯程度は飲んでも大丈夫のようです。

ただし、コーヒー以外に緑茶や紅茶などを飲んでいる場合は

もっと少なくなります。

あくまで自己責任でお願いいたします。

コーヒーモンスター
我が家も奥様は妊娠中はノンカフェインの麦茶ばかり飲んでいました。

 

引用:食品安全委員会 食品中のカフェイン 参照

 

是非お試しあれ

デカフェであってもコーヒーに含まれるクロロゲン酸

などのポリフェノールはしっかりと残っています。

ポリフェノールは、消化液の分泌を助けるため

消化を促進する作用があります。

さらに、血糖値の上昇を抑える作用もあり

体内で余った糖が脂肪に変わるのを抑制してくれます。

カフェインが気になる方は是非試してみて下さい!

カフェインの除去方法については

コーヒー豆のカフェインはどうやって抜くの?除去方法を4種類紹介

 

をCHECKして下さいネ!

 

コーヒーモンスター
嫁のやさしさは「やさしさレス」なのか「ノンやさしさ」なのか・・・

そう、昔はあったのかそれとも最初からなかったのか・・・

いや、厳しさもやさしさか!

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

-コーヒー

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5