コーヒー コーヒー器具

手挽きのコーヒーミルを選ぶ時の失敗しない為の6つのチェックポイント

コーヒーミル・・・

実は三つ持っているのに一つは台所の高い棚の中・・・

もう二つは玄関のオブジェと化しています・・・

なぜなら私はお家ではコーヒーは淹れないのです。

それには深いわけがございまして・・・

コーヒーモンスター
奥様がお紅茶しか飲まないので家ではお紅茶をいれているのです(焦

さて、前置きが長くなりましたが

手挽きのコーヒーミルを選ぶ時のポイントをいくつかご紹介。

1 ホッパーと粉受けの容量を確認

●「ホッパー」とはコーヒーミルの豆を投入する部分の事です。

ここの容量が小さいと何回も豆を投入しなければならず面倒です!

上の豆を入れるスペースの事です。

●次に「粉受け」とは挽いた豆の粉が入るスペースの事です。

ホッパーと同じで、粉受けの容量が小さいと

一人分の時はいいですが、同時に何杯も淹れる時は

数回に分けて挽かなければならないので面倒です。

さらに粉受けの引き出しがついているクラシックな

スタイルのミルはいいですが、粉受けがネジ式のタイプ

で固定されいるコーヒーミルは外すのに結構な労力がいるので面倒くさいです。

 

最近はワンタッチで外せるものも増えてきました。

 

2 ホッパーにフタがあるかないか

この豆を投入するホッパーですがフタがあるものとないものが存在します。

コーヒー豆は深煎りの方が豆自体が柔らかく挽きやすいです。

なので浅煎りの豆は結構力がいります。

さらに浅煎りの豆はポンポン飛び跳ねて逃げていきます。

ホッパーにはフタがあったほうが便利です。

さらにフタがないとホッパーに埃がたまってしまい汚らしいです。

玄関に飾っている私が言うのだから間違いありません

小まめに掃除するか、結局は布巾などでフタをする事になります。

3 水洗い出来る?・出来ない?

水洗いできた方が個人的には気持ちがいいです。

深煎りのコーヒーは豆の表面にコーヒーの油分が

出てきてテカテカとしています。

それを水洗いできないコーヒーミルで挽くと否が応うにも

コーヒー豆の油分がくっついてしまい、ギトギトになります。

毎回分解清掃すれば良いのかもしれませんが

5番で説明する挽き目の調節も面倒です。

 

さらに木製のコーヒーミルであれば粉受けの

掃除しにくい端っこの部分にコーヒーの油分が付着していき

のちに酸化して嫌な臭いを放ちます。

アイスコーヒー用などの深煎りの豆はお店で挽いてもらったほうが良いかもしれません。

セラミック歯・ガラス製粉受けなら水洗いOK

4 握りやすい?挽きやすい?

自分で挽いてみて最初に思ったのは

結構回し続けないといけないんだな・・・という事です。

コーヒーモンスター
家のミルでコーヒー豆15gで80回くらいでした。

最初はいいですが、挽きつづけていると段々疲れてきます。

家庭用ならドッシリとした安定タイプがお勧め

やはり形がどっしりとしたタイプが安定して疲れにくいです。

もしくは底に吸盤がついていたり

ゴム素材で滑りにくくなっているタイプの方が安定感があり挽きやすいです。

よくあるスタイリッシュな細長いタイプのコーヒーミルは

持ち運びにはとても便利ですが握りにくく安定しにくいです。

力をいれて持ちやすい形がお勧めです。

取っての部分の長さと握りやすさ

次に回す取っ手の部分が長いほうが力が少なくてすみます。

苦手なので詳しくは説明できませんが、理科で習った力点・作用点的なあれです。

握る部分も若干ですがメーカーによって違います。

やっぱり大きい方が握りやすいです。

5 挽き目の調整の仕方は?

一般的な手引きのコーヒーミルは挽き目を調節するのに

歯車のような調節ネジを回して微調節して設定をします。

慣れれば目分量で大まかなとこまで調節できるので簡単ですが

慣れるまでは四苦八苦すると思います。

結構な数のお客様が結局挽き目は調節していない=最初に調節したままで使っておられるようです。

抽出の仕方でお勧めの挽き具合も異なります。

せっかくなら色々楽しみたい所ですよね。

また、きれいに清掃したくても分解してしまうと挽き目が

わからなくなるので分解清掃はした事がない・・・という方ばかりです。

なので最近は挽き目をダイヤル式に簡単に

調節できるタイプのコーヒーミルが増えてきました。

6 最後は愛着が湧くかどうか

結局最後は見た目でも何でも、気に入ったかどうかだと思います。

使いにくくてもかわいい憎めないあいつ・・・

眺めているだけで嬉しくなってしまう・・・

そんな愛着が湧く一品かどうかだと思います。

高価でも所有する事で得られる満足感もあれば

使い勝手が良く、お値段もリーズナブル、いい買い物をした♪

など評価のポイントは千差万別・十人十色です。

コーヒーを淹れるのが楽しみになる

そんなコーヒーミルに出会ったらそれが「買い」だと思います。

コーヒーモンスター
おっと・・・ではお紅茶をいれてきます。

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

-コーヒー, コーヒー器具

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5