コーヒー コーヒー抽出

奥さんそれ逆効果ですよ !コーヒーの抽出のしくみと1杯何g使うべきか

先日マダムに

「自分で淹れたらどうも渋かったので豆の量を減らしたけどダメだった」
コーヒー好きなマダム

と相談を受けました。

コーヒーモンスター
奥さんそれは逆効果ですよ(`・ω・´)キリッ

・・・・ではどうすれば良かったのか見て行きましょう。

コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すかの作業である

酸味成分が早くお湯に移りやすい

コーヒーにはおいしい成分と一緒においしくない成分も含まれています。

コーヒーの抽出は紅茶や日本茶と違って

何度で何分!決めて抽出しても

旨味だけをピンポイントで引き出すという事は難しいです。

大まかにコーヒーの成分を酸味・苦味・コク・渋み・雑味くらいにわけたとします。

それらがある程度同時進行で抽出されていきます。

そこでその成分をどのくらい引き出していくかがコーヒーの抽出であると考えています。

ただ、「ある程度」同時進行であって

どうしても酸味成分の方が

お湯に溶け出しやすく

苦味やコクなどは溶け出すのが少し遅いです。

そしてそのまま時間をかけ過ぎると

渋みや雑味まで抽出されてしまいます。

ある程度同時進行ではありますが

酸味→苦味→コク→渋み・雑味

の順にお湯に成分が移っていきます。

そこでそれを利用して作りたい味をイメージしていきます。

なので冒頭のマダムはまず抽出過多=抽出し過ぎている可能性が考えられます。

粉の量でコーヒーの濃淡が決まる

次にアメリカンコーヒーとは? 薄め(お湯割り)と軽めの違い

にも軽く書いているのですが

アメリカンコーヒーとは? 薄め(お湯割り)と軽めの違い

コーヒーの粉の量で溶け出す成分の量が決まります。

粉が多ければ濃いめのコーヒーが抽出できます。

逆に豆の量を減らすと薄めのコーヒーを抽出することができます。

なので酸味を強く感じたければ

粉は多めにして抽出を早く終わらせる

ことで苦味成分が十分にお湯に移る前に

抽出を終えてしまうといいです。

次に苦味をしっかりと感じたければ

苦味やコクがお湯に移動するまで

ゆっくりと抽出してあげると

濃厚な1杯を飲んでいただけます。

冒頭のマダムは渋かったので粉の量を減らしましたが

抽出時間と抽出量はそのままですので

結果渋みまで抽出されてしまいます。

さらに粉を減らすことでお湯に移る成分の量も減りますので酸味・苦味・コクなどは出きってしまい、

あとは出がらしの様なイメージで

渋みと雑味がお湯に移ってしまいます。

渋い時の対処方

ご自宅で淹れたコーヒーが渋いようでしたら

渋みまで抽出しないように

抽出を早く終わらせると良いです。

具体的には

粉を粗く挽く

粉の中の成分が中心から表に移動するのに時間を要するためお湯に溶け出すのが遅くなります。

お湯の温度を下げる

お湯の温度が熱いほどコーヒーの粉から早く成分を奪います。

温度を数度下げてあげると成分の移動が遅くなります。

抽出時間を短くする

渋み・雑味がお湯にたくさん移る前に欲しい量を抽出してしまいます。

抽出する量を減らす

いつも通り入れて渋みが溶け出す前に抽出を止めてしまう。

粉の量を増やす

成分量が増えるので渋み・雑味の相対量が減って感じにくくなる

などでお湯に溶け出す成分の量をコントロールしていきます。

どれか一つ試してみて味がどう変化するか楽しんでみて下さい。

一気に全部するとかなり薄味になってしまいますので注意です。

一杯で何g使えばいいの?

これはお家のカップの大きさで異なるのでいつも返答に困ります。

さらに各メーカーで推奨も変わるので確認が必要です。

一般的には10gで100mlの抽出が目安になります。

なのでお家のマグカップは200mlなので粉も倍の20g・・・と倍にしていくとかなり濃い味になります。

コーヒーは抽出量が増えれば

使用する粉の量をだんだんと減らしていく事ができます。

よく聞くのは2杯目分以降は8g足していく説です。

100mlは10g、200mlは18g、300mlは26g、1000mlは82g

では150mlの時は?なんてパッと言われると計算できないですよね・・・

そこでお勧めなのが2杯なら

20g×0,8=16g

と単純に0,8をかけるパターンです。

100mlは10g、200mlは16g、300mlは24g、1000mlは80g

これならお家のカップが

150mlサイズだとすると

15g×0.8で12gとまだ計算しやすいですよね!

どちらで考えても大体同じグラム数ですので参考にして下さい。

ただ1杯で何gが一番!という正解がないという事を覚えといてもらえたらと思います。

どの味で抽出したいか考えて

それに似あったグラム数・抽出時間・方法を考えていくのがおもしろいとこだと思います。

 

まずはいつも同じように淹れるべし

昨日は美味しく淹れられたけど今朝はダメだった

日によって味が違う…とよく耳にします。

やはり抽出の際、味に影響を与える要因がたくさんあるので同じ様に淹れてるつもりでも味が変わってしまうのでしょう。

当然豆の劣化なども考えられます。

そこでなるべく変化が少なくなるよう

毎回同じ条件で淹れることが大切です。

でなければ豆が変わったから味が変わったのか、抽出の仕方が変わったから味が変わったのか判別がつかなくなってしまいます。

少し慣れてきたら何か一つ条件を変えることで意図する味に変化しているか試してみて下さい。

お店で飲んだら美味しいのに家だと…

よく言われるんですが、これも豆の味を出しきれていないか、抽出し過ぎなのだと思います。

コーヒーの淹れ方、原理については今度詳しく書きたいと思いますのでここでは割愛させていただいて…

コーヒーの抽出は

どこまで成分を引き出すか

の作業ですので慣れてくれば好みの味に近づけて行くことができます!

コーヒーモンスター
そう、なんでも適量が一番なのです。

 

 

コーヒー

2021/7/19

偉人とコーヒー●偉大な功績はコーヒーのおかげ!?ナポレオンとベートーベン

私はもちろんの事、きっとこのページに辿り着いたあなたもコーヒーが大好きに違いありません! 一日に何杯も飲んだり・・・ 仕事終わりに一杯飲んで疲れを癒したり・・・ 休日に音楽を聴きながらコーヒーを飲んでリラックスしたり・・・ 眠くなった時に飲んで目を覚ましてもうひと頑張りしたり・・・ とさまざまなシーンでコーヒーのお世話になっている事と思います。 コーヒーモンスターこれは、私達一般人だけではなく歴史上の偉人達も同じだったようです そんな今回はコーヒーが大好きで、きっと「コーヒー無しでは生きられない!」 と言 ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/8

カリタのドリッパー・扇形ロトとウェーブドリッパーの違い

  カリタのドリッパーと言えば3つ穴ですよね! コーヒーモンスターなんですがカリタの3つ穴も2種類あるんです。 今回はカリタの3つ穴の2種類・・ 扇形タイプのロトと円すいと扇形の中間的なウェーブドリッパーの 違いを探っていきます。 わかりやすいようにウェーブドリッパーのサーバーに乗せるための 下の黒いパーツは外しております。   Contents1 形状の違い2 穴の配置の違い3 リブの違い4 抽出の違い5 まとめ 形状の違い まずは形状の違いですが、正面から見ると思ったより似ています ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/2

円すいドリッパー▼ハリオ・コーノ・CAFEC ▼3社の違いと特徴

今回は見た目そっくりな3社のドリッパーを比べてみます。 全て樹脂製のドリッパーで比べています。 陶器製ですと物によって若干の誤差があったります。 あと陶器製より樹脂製の方がリブがしっかり立っていると思います。 樹脂製の方が型に流し込んで整形するので均一的です。 コーヒーモンスターでは見ていきましょう Contents1 形の違い1.1 形状はほとんど同じ1.2 リブの違い1.3 穴の大きさの違い2 抽出速度からくる味の違い 形の違い   形状はほとんど同じ どれも円すい系なので基本的な形はほとん ...

ReadMore

コーヒー

2021/7/2

コーヒーの品種 ~インドネシア~マンデリンやトラジャなど・生産地域と特徴

わたくしも好きでよく飲むインドネシアのコーヒー 種類がいっぱいあって色々楽しめます。 でもインドネシアの9割近くはカネフォラ種を栽培しているんです。 ですが日本でよく聞く銘柄はほとんどアラビカ種です。 今回は島ごとに栽培している豆の違いを探っていきます。 コーヒーモンスターお店でみかけたらインドネシアのどこで取れた豆なのか意識してみると面白いですよ!   Contents1 インドネシアのコーヒーの歴史1.1 たくさんの島があります1.2 簡単な歴史1.3 サビ病に被害2 主な生産地域2.1 ス ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2021/7/2

細挽き・中挽き・粗挽き 違いを飲み比べてみました

  今回はコーヒーの粉の大きさが抽出に与える影響をみていこうと思います。 コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すか・お湯と粉の触れ合う時間によると何回も書いてきました。 コーヒーモンスター今回はお湯を注ぐタイミングはなるべく一定に抽出し、最後規定量まで落ちるのを待って抽出しました。 今回もどれが正解というわけではなく、淹れ方によって味を意図的に変える事ができますので 好みの味に近づける事が出来るという事を知って欲しいと思います。 この記事を読む前に是非この前書いたこちら ↓ の記事も読んで下さい ...

ReadMore

-コーヒー, コーヒー抽出

© 2021 BASE CAMP.An Powered by AFFINGER5