コーヒー コーヒー抽出

奥さんそれ逆効果ですよ !コーヒーの抽出のしくみと1杯何g使うべきか

先日マダムに

「自分で淹れたらどうも渋かったので豆の量を減らしたけどダメだった」
コーヒー好きなマダム

と相談を受けました。

コーヒーモンスター
奥さんそれは逆効果ですよ(`・ω・´)キリッ

・・・・ではどうすれば良かったのか見て行きましょう。

コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すかの作業である

酸味成分が早くお湯に移りやすい

コーヒーにはおいしい成分と一緒においしくない成分も含まれています。

コーヒーの抽出は紅茶や日本茶と違って

何度で何分!決めて抽出しても

旨味だけをピンポイントで引き出すという事は難しいです。

大まかにコーヒーの成分を酸味・苦味・コク・渋み・雑味くらいにわけたとします。

それらがある程度同時進行で抽出されていきます。

そこでその成分をどのくらい引き出していくかがコーヒーの抽出であると考えています。

ただ、「ある程度」同時進行であって

どうしても酸味成分の方が

お湯に溶け出しやすく

苦味やコクなどは溶け出すのが少し遅いです。

そしてそのまま時間をかけ過ぎると

渋みや雑味まで抽出されてしまいます。

ある程度同時進行ではありますが

酸味→苦味→コク→渋み・雑味

の順にお湯に成分が移っていきます。

そこでそれを利用して作りたい味をイメージしていきます。

なので冒頭のマダムはまず抽出過多=抽出し過ぎている可能性が考えられます。

粉の量でコーヒーの濃淡が決まる

次にアメリカンコーヒーとは? 薄め(お湯割り)と軽めの違い

にも軽く書いているのですが

アメリカンコーヒーとは? 薄め(お湯割り)と軽めの違い

コーヒーの粉の量で溶け出す成分の量が決まります。

粉が多ければ濃いめのコーヒーが抽出できます。

逆に豆の量を減らすと薄めのコーヒーを抽出することができます。

なので酸味を強く感じたければ

粉は多めにして抽出を早く終わらせる

ことで苦味成分が十分にお湯に移る前に

抽出を終えてしまうといいです。

次に苦味をしっかりと感じたければ

苦味やコクがお湯に移動するまで

ゆっくりと抽出してあげると

濃厚な1杯を飲んでいただけます。

冒頭のマダムは渋かったので粉の量を減らしましたが

抽出時間と抽出量はそのままですので

結果渋みまで抽出されてしまいます。

さらに粉を減らすことでお湯に移る成分の量も減りますので酸味・苦味・コクなどは出きってしまい、

あとは出がらしの様なイメージで

渋みと雑味がお湯に移ってしまいます。

渋い時の対処方

ご自宅で淹れたコーヒーが渋いようでしたら

渋みまで抽出しないように

抽出を早く終わらせると良いです。

具体的には

粉を粗く挽く

粉の中の成分が中心から表に移動するのに時間を要するためお湯に溶け出すのが遅くなります。

お湯の温度を下げる

お湯の温度が熱いほどコーヒーの粉から早く成分を奪います。

温度を数度下げてあげると成分の移動が遅くなります。

抽出時間を短くする

渋み・雑味がお湯にたくさん移る前に欲しい量を抽出してしまいます。

抽出する量を減らす

いつも通り入れて渋みが溶け出す前に抽出を止めてしまう。

粉の量を増やす

成分量が増えるので渋み・雑味の相対量が減って感じにくくなる

などでお湯に溶け出す成分の量をコントロールしていきます。

どれか一つ試してみて味がどう変化するか楽しんでみて下さい。

一気に全部するとかなり薄味になってしまいますので注意です。

一杯で何g使えばいいの?

これはお家のカップの大きさで異なるのでいつも返答に困ります。

さらに各メーカーで推奨も変わるので確認が必要です。

一般的には10gで100mlの抽出が目安になります。

なのでお家のマグカップは200mlなので粉も倍の20g・・・と倍にしていくとかなり濃い味になります。

コーヒーは抽出量が増えれば

使用する粉の量をだんだんと減らしていく事ができます。

よく聞くのは2杯目分以降は8g足していく説です。

100mlは10g、200mlは18g、300mlは26g、1000mlは82g

では150mlの時は?なんてパッと言われると計算できないですよね・・・

そこでお勧めなのが2杯なら

20g×0,8=16g

と単純に0,8をかけるパターンです。

100mlは10g、200mlは16g、300mlは24g、1000mlは80g

これならお家のカップが

150mlサイズだとすると

15g×0.8で12gとまだ計算しやすいですよね!

どちらで考えても大体同じグラム数ですので参考にして下さい。

ただ1杯で何gが一番!という正解がないという事を覚えといてもらえたらと思います。

どの味で抽出したいか考えて

それに似あったグラム数・抽出時間・方法を考えていくのがおもしろいとこだと思います。

 

まずはいつも同じように淹れるべし

昨日は美味しく淹れられたけど今朝はダメだった

日によって味が違う…とよく耳にします。

やはり抽出の際、味に影響を与える要因がたくさんあるので同じ様に淹れてるつもりでも味が変わってしまうのでしょう。

当然豆の劣化なども考えられます。

そこでなるべく変化が少なくなるよう

毎回同じ条件で淹れることが大切です。

でなければ豆が変わったから味が変わったのか、抽出の仕方が変わったから味が変わったのか判別がつかなくなってしまいます。

少し慣れてきたら何か一つ条件を変えることで意図する味に変化しているか試してみて下さい。

お店で飲んだら美味しいのに家だと…

よく言われるんですが、これも豆の味を出しきれていないか、抽出し過ぎなのだと思います。

コーヒーの淹れ方、原理については今度詳しく書きたいと思いますのでここでは割愛させていただいて…

コーヒーの抽出は

どこまで成分を引き出すか

の作業ですので慣れてくれば好みの味に近づけて行くことができます!

コーヒーモンスター
そう、なんでも適量が一番なのです。

 

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

-コーヒー, コーヒー抽出

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5