コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

円すいドリッパー▼ハリオ・コーノ・CAFEC ▼3社の違いと特徴

今回は見た目そっくりな3社のドリッパーを比べてみます。

全て樹脂製のドリッパーで比べています。

陶器製ですと物によって若干の誤差があったります。

あと陶器製より樹脂製の方がリブがしっかり立っていると思います。

樹脂製の方が型に流し込んで整形するので均一的です。

コーヒーモンスター
では見ていきましょう

形の違い

 

形状はほとんど同じ

どれも円すい系なので基本的な形はほとんど同じです。

取手の部分に少し違いがあります。

今回使っているのは

●KōNO 名門2人用フィルター(珈琲サイフォン株式会社)

●HARIO  V60透過ドリッパー01 (HARIO 株式会社)

●CAFEC 円すいフラワードリッパーcup1 (株式会社 三洋産業)

の3種類です。

 

リブの違い

リブとはドリッパーの内側にある出っ張りの事です。

リブロースって聞いた事がありますよネ

リブロースとはろっ骨らへんのお肉の事です。

リブとはろっ骨・あとはろっ骨状の物なんて意味があります。

コーヒーモンスター
左右に張り巡らせた支えみたいなイメージです。

このリブが蒸らしや抽出時にお湯の流れに変化を与えます。

 

コーノ名門フィルターのドリッパーはリブは下半分からしかついていません。

このリブがないとペーパーフィルターがドリッパーにくっついてしまいます。

コーノさんでは意図的に上半分のフィルターをドリッパーにくっつける事で

中央に浮いてきたアクを下に落とさない工夫がされています。

 

ハリオV60ドリッパーはスパイラルリブと言ってリブが斜めに入っています。

ドリッパーとフィルターの間に隙間が生まれて蒸らしの時にガスの抜け道ができます。

リブが渦を巻いた状態なのでお湯の流れがスムーズな気がします。

 

カフェックフワラードリッパーはお花の形みたいにドリッパーの内側を削っていく事で豆の膨らむスペースを作っています。

そのスペースが蒸らしの時にガスが抜ける道になっています。

 

コーヒーモンスター
こんだけ書いといてなんですが実際の所、あまり差を感じません。

まず抽出前にフィルターをリンス(ペーパーをお湯で濡らす)するとドリッパーに

ぺた〜っと付着してしまうのでそもそも隙間がないように思います。

また水で濡れても破けない強度のフィルターが、濡れた状態にある時

水のバリアーができてるイメージで本当にガスが抜けているかはよくわからないです。

次に水は表面張力があるのでドリッパーに付着するとドリッパーをつたって

お湯が落ちていくのでは・・と思っています。

その点では、リブがある事で隙間が生まれていればお湯はフィルター内にとどまり

少量のお湯で蒸らしができると思います。

基本ガスは軽いですので上に抜けていくと思いますので結果あまり差は無いように思います。

穴の大きさの違い

ドリッパー穴を裏から撮った写真になります。

穴の直径はコーノさんが1番小さく、ハリオさん・カフェックさんはほぼ同じくらいです。

ギザギザの数はコーノさん・ハリオさんが12個 カフェックさんが10個でした。

穴の面積ではコーノさんが1番小さく、次にカフェックさん、1番大きいのがハリオさんかなと思います。

コーヒーモンスター
きちんと計算しきらないので見た目です。

穴の大きさは抽出スピードに関係していると思います。

穴が大きい方が落ちる速度も速いように思います。

抽出速度からくる味の違い

各社それぞれオリジナルのフィルターで抽出を比べた所

1番早く抽出できるのがハリオさん・次にカフェックさん・1番遅いのがコーノさんかなと思います。

あくまで同じようにお湯を注いだとしての違いですが

コーノさんはゆっくり落ちるので重厚感のある味

コーヒーモンスター
しっかりとしたコクと苦味を感じたい時におすすめ

 

カフェックさんは丁度あいだで

コーヒーモンスター
よく言ってオールラウンダー的ドリッパー

 

ハリオさんは早く落ちるのでスッキリ系に

コーヒーモンスター
華やかな酸味を感じたい時・軽めのコーヒーが飲みたい時におすすめ

に落とすことができます。

 

コーヒーモンスター
ただお湯の注ぐスピードをコントロールする事で如何様にも調整できるのが 円すいドリッパーのいい所ですのでそこまで気にすることはなくてもいいかもしれません。

 

コーヒー

2021/7/19

偉人とコーヒー●偉大な功績はコーヒーのおかげ!?ナポレオンとベートーベン

私はもちろんの事、きっとこのページに辿り着いたあなたもコーヒーが大好きに違いありません! 一日に何杯も飲んだり・・・ 仕事終わりに一杯飲んで疲れを癒したり・・・ 休日に音楽を聴きながらコーヒーを飲んでリラックスしたり・・・ 眠くなった時に飲んで目を覚ましてもうひと頑張りしたり・・・ とさまざまなシーンでコーヒーのお世話になっている事と思います。 コーヒーモンスターこれは、私達一般人だけではなく歴史上の偉人達も同じだったようです そんな今回はコーヒーが大好きで、きっと「コーヒー無しでは生きられない!」 と言 ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/8

カリタのドリッパー・扇形ロトとウェーブドリッパーの違い

  カリタのドリッパーと言えば3つ穴ですよね! コーヒーモンスターなんですがカリタの3つ穴も2種類あるんです。 今回はカリタの3つ穴の2種類・・ 扇形タイプのロトと円すいと扇形の中間的なウェーブドリッパーの 違いを探っていきます。 わかりやすいようにウェーブドリッパーのサーバーに乗せるための 下の黒いパーツは外しております。   Contents1 形状の違い2 穴の配置の違い3 リブの違い4 抽出の違い5 まとめ 形状の違い まずは形状の違いですが、正面から見ると思ったより似ています ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/2

円すいドリッパー▼ハリオ・コーノ・CAFEC ▼3社の違いと特徴

今回は見た目そっくりな3社のドリッパーを比べてみます。 全て樹脂製のドリッパーで比べています。 陶器製ですと物によって若干の誤差があったります。 あと陶器製より樹脂製の方がリブがしっかり立っていると思います。 樹脂製の方が型に流し込んで整形するので均一的です。 コーヒーモンスターでは見ていきましょう Contents1 形の違い1.1 形状はほとんど同じ1.2 リブの違い1.3 穴の大きさの違い2 抽出速度からくる味の違い 形の違い   形状はほとんど同じ どれも円すい系なので基本的な形はほとん ...

ReadMore

コーヒー

2021/7/2

コーヒーの品種 ~インドネシア~マンデリンやトラジャなど・生産地域と特徴

わたくしも好きでよく飲むインドネシアのコーヒー 種類がいっぱいあって色々楽しめます。 でもインドネシアの9割近くはカネフォラ種を栽培しているんです。 ですが日本でよく聞く銘柄はほとんどアラビカ種です。 今回は島ごとに栽培している豆の違いを探っていきます。 コーヒーモンスターお店でみかけたらインドネシアのどこで取れた豆なのか意識してみると面白いですよ!   Contents1 インドネシアのコーヒーの歴史1.1 たくさんの島があります1.2 簡単な歴史1.3 サビ病に被害2 主な生産地域2.1 ス ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2021/7/2

細挽き・中挽き・粗挽き 違いを飲み比べてみました

  今回はコーヒーの粉の大きさが抽出に与える影響をみていこうと思います。 コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すか・お湯と粉の触れ合う時間によると何回も書いてきました。 コーヒーモンスター今回はお湯を注ぐタイミングはなるべく一定に抽出し、最後規定量まで落ちるのを待って抽出しました。 今回もどれが正解というわけではなく、淹れ方によって味を意図的に変える事ができますので 好みの味に近づける事が出来るという事を知って欲しいと思います。 この記事を読む前に是非この前書いたこちら ↓ の記事も読んで下さい ...

ReadMore

-コーヒー, コーヒー器具, コーヒー抽出

© 2021 BASE CAMP.An Powered by AFFINGER5