はちみつ

日本みつばつと西洋みつばちのはちみつの違い

本日は日本みつばちと西洋みつばちの違いについてまとめてみました。

意外と違いがあるものです。

日本みつばちのはちみつは非常に高価ですよね・・・

コーヒーモンスター
なんせ採蜜できる量が全然違うのです。

東洋と西洋

実は「ニホンミツバチ」は種名ではなく、「トウヨウミツバチ」という種の1亜種。

大昔から日本に生息している在来種のみつばちです。

野生のみつばちとして日本の広範囲に生息している他、はちみつの採取などの目的で、人工的に飼育されていることもあります。

西洋みつばちはヨーロッパやアフリカを起源とするみつばちです。

ヨーロッパ~中近東に分布していたみつばちを養蜂として利用してきて家畜のようになったものです。

日本では明治時代に輸入されて以降、養蜂家の間で広く普及していきました。

現在は日本全土ではちみつを取る為に養蜂されています。。

はちみつの違い

日本みつばちは百花蜜

日本みつばちは、四季に応じ近くの野山に咲く色々なお花から蜜を集めます。

蜜源となるお花が複数あるため、日本みつばちのはちみつは様々な花の蜜が混ざり合っています。

出来上がったはちみつの見た目は西洋みつばちのものに比べて色が濃く、ドロ~ンとしていて味も濃厚で深みがあります。

百花蜜とは? 蜂さんが選んだ美味しい花の蜜!に書きましたが

百花蜜とは? 蜂さんが選んだ美味しい花の蜜!

日本みつばちのはちみつは場所や季節などで味も香りも変わります。

 

西洋みつばちは単花蜜

西洋みつばちは蜜を集めに複数の花を訪れることは少なく、一度対象とした花へ、その花が枯れるまで集中的に蜜を集めに行くという性質があります。

単一の種類の花から蜜を集めるため、その蜜源となった花の特徴がそのまま反映されます。

この習性を利用し蓮華のはちみつやアカシアのはちみつのような単花蜜が作られています。

蓮華のはちみつやアカシアのはちみつなんかは味もあっさりとして色味も明るいです。

採れるはちみつの量が違う!

一匹の日本みつばちの働き蜂が一生の間に集める量は小さいスプーン一杯と言われています。

群れの蜂数(数千~二万匹)もとても少ないです。

そのため一年に一度しか採蜜できません。

採蜜量が非常に少ないのでお値段も高くなってしまいます。

に対して西洋みつばちの群れの蜂数は約二万~四万匹と日本みつばちの4倍から5倍位程度と言われています。

さらに蜜を集める能力が高いのが特徴で、一年に三回~四回くらい採蜜できます。

その分お値段も手ごろになります。

明治以前は、日本全国で日本みつばちの巣を庭先などに持ってきてそのまんま養蜂が営まれていました。

しかし、明治以降、人口の巣箱を利用してはちみつが効率的に採取できる西洋みつばちが全国的に普及したこともあり、

もともと神経質で巣を放棄しやすい日本みつばちは、次第に養蜂家から見放されていったのでした。

野生タイプか家畜タイプか

日本みつばちの方がタフ・だけど居心地が悪いとすぐ逃亡する

日本みつばちは巣や住んでいる環境が気に入らなければすぐに逃亡する性質があります。

日本には四季があり厳しい冬も越えなければなりません。

あらゆる自然環境に適合するためより良い環境を求めてお引越しをするのです。

この性質も相まって日本みつばちの養蜂数は徐々に減っていきました。

さらに自然破壊などで自然林に生息する日本みつばちは減少し、一時期かなり数を減らしたそうです。

一方西洋みつばちは自然の中に巣を作ることはまずありません。

そのため、基本的に人工の養蜂箱の中で営巣します。

日本みつばちに比べて病気にも掛かりやすく、養蜂家さんに守られながら営巣します。

実際、西洋みつばちが移入された際に、西洋みつばちの野生化による環境への影響が危惧されたこともありますが、

実際にはほとんど野生化しなかった=できなかったそうです。

これは日本にはみつばち達の天敵であるスズメバチが生息しているからです。

日本みつばちの熱殺蜂球

日本みつばちは天敵スズメバチ に対して対抗手段を持っています。

それが「熱殺蜂球(ねっさつほうきゅう)」と言うやつです。

これはスズメバチよりも日本みつばちの方が熱に対する耐性が高いことを利用した捨て身の攻撃です。

(スズメバチは致死温度が約45度、日本みつばちは約49度)

集団でスズメバチを囲み球状に集まって体を動かします。

そして温度を45度C以上に上げて、スズメバチを熱殺するという能力です。

メモ

ちなみに日本みつばちの方が基本的な性格は穏やかであり、攻撃性はかなり低いです。

この熱殺蜂球という技は日本みつばちにとっても諸刃の剣・・・

玉川大学におもしろい記事がありましたので良かった読んでみて下さい。

それに対し、もともと西洋みつばちが住むヨーロッパには、スズメバチはいませんでした。

なので、スズメバチへの対抗手段は持たず、襲われると無謀にも単体で突撃攻撃をします。

日本みつばちに比べると攻撃的な性格なんです。

さらに人工の養蜂箱の中で営巣し、養蜂家さんに守られてるわけですのでスズメバチの攻撃で巣を放棄して逃げることもしません。

なので、西洋みつばちの巣がスズメバチに狙われると、対抗できずに数時間で全滅してしまう事がしばしばあります。

巣分かれする分蜂(ぶんぽう)にも違いが

日本みつばちは毎年暖かくなり始めた春頃に巣の群れが二群に分かれ、一群は新しい巣を見つけて移動します。

これを分蜂といい、この時新しい巣へと飛び立った群れを捕獲しないと群れの数が約半分になってしまいます。

しかも年に何度か分蜂を行います。

この時役に立つのがキンリョウヘンというランの花です。

花が発するフェロモンが日本みつばちを呼び集めるためです。

そのため「ミツバチラン」とも呼ばれています。

時期になるとキンリョウヘンの花を新しい巣箱の近くに設置することでそちらに誘導したりします。

ちなみにキンリョウヘンは中国原産なので、日本みつばちを含む東洋みつばちは、そのフェロモンに誘われ集まってきますが、西洋みつばちには効果はないそうです。

このとき日本みつばちは頭部を上に向けてきれいに並ぶという特徴もあります。

また威嚇する時も日本みつばちは一斉に羽音を「ブォン」と鳴らしてきます。

ちゃんと列に並んで順番を守る日本人っぽいですよね!

に対して西洋みつばちの分蜂は自然発生するので、人為的にコントロールすることは難しいです。

見た目の違い

日本みつばちの成虫(働き蜂)の大きさは10~12ミリ程度・体重は約60~80mgくらいで、蜂の種類の中では小ぶりです。

体全体の色は黒っぽくて胴体の縞模様がくっきりとしています。

西洋みつばちは少し大きく体長は約12~14mm・体重は約110~130mgくらいです。

日本で養蜂されている西洋みつばちはイタリアン種という品種が主で体全体の色は黄色っぽいです。

参考が画像がなくてすいません・・・

コーヒーモンスター
コーヒーのアラビカ種とカネフォラ種みたいに

同じ蜂でも全然違うんですね

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

 

-はちみつ

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5