コーヒー

プレゼントやお中元・お歳暮で失敗しないコーヒーの選び方

コーヒーは嗜好品でありますのでコーヒー好きのあの人へ・・・

プレゼントやお中元・お歳暮などでも大活躍!

なんですがコーヒー好き!とまでは知っていても、相手の好みまではなかなか知らないものです。

いつもコーヒーを飲んでるから・・・
コーヒー好きなマダム

くらいしか知らないものです。

本日はなるべく失敗しないコーヒーの選び方を伝授いたします。

焙煎度は深すぎず浅すぎず

まず「コーヒー」と言っても豆によって味は千差万別。

浅煎りと深煎りでは味が全然違います。

また万人が絶対美味しいと言うコーヒー豆もありません。

全ては好みです。

そこでまず失敗しない為には中間的な焙煎の豆を選ぶ事です。

コーヒー豆は焙煎度によって味が変化します。

詳しくは ↓ を読んで下さい!

好みの味のコーヒー豆を選ぶ時のポイント 値段は関係ない!

好みの味のコーヒー豆を選ぶ時のポイント 値段は関係ない!

なので焙煎が深すぎたり、逆に浅すぎたりすると好みから外れる可能性が高いです。

もし予算がほとんどなく1種類の豆しか買えない時は豆の色を見て中間くらいの豆を選んでください!

もう少し予算があって2種類いけるなら少し浅めの豆と少し深めの豆からセレクトすると

味の違いもわかりやすくなるのでお勧めです。

3種類いれれるなら浅煎り・中煎り・深煎り それぞれから1種類選ぶと

どれか1種類は好みからズレてしまうかもしれませんが

残り2種類はまず大丈夫でしょう!

素人でもわかる高いやつやん

送りものってやっぱり気持ちを伝えるものです。

気持ちの大きさ・強さって中々伝わらないですよね・・・

そこで気持ちを表すのに一番手っ取り早いのが高価なものを送ることです。

コーヒーモンスター
子どもや孫からなら肩たたき券でも嬉しいものですが・・・

となるとコーヒーに詳しくない人でも知っている「ブルーマウンテン」がいいかもしれません。

ブルーマウンテン=高価な豆 というイメージが浸透しており、わたしもよく店頭では「車で言えばベンツ」「かばんで言えばルイヴィトン」「コーヒーでいえばブルマン」ですよ~なんて言ってました。

もらった側もすぐにこれは高価な物をいただいたな~と思いますので気持ちは伝わると思います。

ただし、拘りの強い人だと「ブルーマウンテンは高いだけで価格に似合った味はしない」と突っぱねてしまう人もおります。

実際にブルーマウンテンは酸味が苦手な人だと少し酸味を感じますので避けた方がいいかもしれません。

そんな人には「ゲイシャ種」の豆をプレゼントすれば喜ぶこと間違いなし。

「ゲイシャ種」は「アラビカ種」の突然変異した在来種の一つです。

2004年にパナマで行われたコーヒーの品評会で一躍有名になりました。

それまでの過去最高得点をたたき出し、1位の座に輝いたこの豆はコーヒー豆のオークションでも高額で取引されています。

わたしも一度しか飲んだことありません。

コーヒーモンスター
お店で1杯1500円くらいでした

ブレンドよりストレート

これは個人的見解ですが迷ったならストレートの豆がお勧め。

ブレンドタイプの豆は味のバランスもよく一見よさそうなんですが、ブレンドの豆はそこのお店のオリジナルのブレンドなのでそこでしか買えません。

当然焙煎で味は変わるのでストレートでも「そのお店の味」はあるんですが、同じ国・同じ銘柄であれば味は近いです。

もらった時に、聞いた事・まだ飲んだ事のない国の豆だったりするとワクワクします♪

かなりの有名店であればブレンドも是非飲んでみたですが、あの店のグァテマラはこんな味なんだ~とか色々なお店の豆を飲むことはすごく勉強になります。

またまだ良くわからない人も銘柄をインターネットで検索すれば色々な情報を得る事がでるので楽しいと思います。

お返しを用意する時もお値段相場を調べやすいです!

わからなければ挽くべし

よし、豆が決まりました~となると次に悩むのが「挽く」か「豆のまま」かです。

コーヒー豆は挽いてしまうと劣化速度がとても速くなります。

豆面をみていい豆だな~と思ってみたり、挽く楽しさもあります。

なので拘った人であればあるほどコーヒーミルは恐らく所有していますから「豆のまま」欲しいものです。

ですがコーヒーミルを持っていても毎回挽くのが面倒・・って人やコーヒーは好きだけどミルは持っていませんって人だと「豆のまま」もらっても困ってしまいます。

店頭にいた時はよく

コーヒーをもらったんだけど「豆」だったんです~挽いてもらえます?
コーヒー好きなマダム

と言われたものです。

違う会社の豆を持って行って「挽いてくれ」とは言いだしにくいものです。

わざわざネットで検索して、お店まで行く羽目になってしまいます。

また、挽く事だけ頼むのもちょっと頼みずらいです。

なので大抵のお客様は何か一緒に買ってくれたりまします。

なのでコーヒーを送りたいあの人は~コーヒーミルを持っていて、いつも挽きたてを飲んでいたなぁ~と思いだせた人は「豆のまま」がいいです。

だけど~どっちだっけなぁ~自信ないなぁ~という時は豆を挽いてもらう事をお勧めします。

鮮度が命

挽いてしまうと劣化速度が速くなると書きましたが、コーヒー豆は鮮度が命です。

コーヒーの飲み頃保存方法をかいているページで詳しく書きましたが焙煎後は刻一刻と炭酸ガスが抜けていき、どんどん劣化していきます。

たくさんもらえば嬉しいですが、急いで飲まないと美味しさが半減してしまいます。

相手側の家族構成も考慮して1か月以内に飲み切れる量くらいに留めておくと良いです。

コーヒー豆もピンキリです!量よりも質で選んでみて下さい!

可能ならリサーチしてみて

もし可能なら普段何を飲んでいるか、ミルは持っているか・・・など何気ない会話から探ってみると失敗する確率は下がってくるでしょう。

もしかしたら豆じゃなくてリキッドタイプのコーヒーが喜ばれる事もあります。

ドリップバッグのコーヒーも家にあると便利ですし、賞味期限も長くいいかもしれません。

結局は好みなんですね~

なんかここまで書いていたらコーヒーって難しい・・と思ってしまって違う商品を探してしまうのでは・・・と思ったのですがプレゼントは気持ちなんで、何をもらっても嬉しい気持ちになります。

気楽にセレクトしてみて下さい!

コーヒーモンスター
迷ったらお店の人に行ってセレクトしてもらうといいと思います!「おすすめでお願いします」とよく言われていました!

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

-コーヒー

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5