店舗運営

人件費を下げるメリット・デメリット〜FLコストと時給を考える〜

自分がオーナーのお店なら自由なもんですが、雇われの身ですと付いて回るのが人件費問題ですよね・・・

最低時給もどんどん上がり、消費税も上がる・・・そして売上は下がる=利益も減ってしまう・・・

とどうしても人件費を削りたくなるものです。

しかし人件費削減に頼っていると知らないうちに取返しのつかない事態に・・・

コーヒーモンスター
今日はそんな店長の悩みを考えていこうと思います。

 

人件費の目安

「FLコスト」・・・聞いた事があるでしょうか?いわゆる「F=food=原価、材料費」「L=Labor=人件費」を足した「コスト=費用」の事です。

店舗運営において利益を出すためには、この「原価」と「人件費」を売上の60%以内にしましょう、その目安として「原価率=30%」「人件費率=30%」を目指しましょう!という考え方です。

さらに場所を借りれば家賃がかかり、当然電気・ガス・水道代もかかります。広告を打てば広告費・・・なんやかんやで通信費・減価償却分・・・などその他もろもろお金がかかりますよね。

そのFLコスト以外の経費も売上の30%に抑えてなんとか残った10%が利益・・というのが現実かなと思います。

10%の利益を出すのも難しいのが現状です。

原価率を下げればその分人件費に充てる事が出来ます。変な言い方をすれば料理の質を下げて接客レベルを上げるのか・・・

かと言って人件費を増やせば上質な接客が出来る、と言うわけでもないですよね~

目指すお店にもよるのかもしれませんがあくまで目安として売上の30%くらいとしておいて問題はないでしょう。

人件費を下げるメリットとデメリット

メリット

簡単に経費を減らすことができるので売上が変わらないなら利益が増えます。

毎日一人一時間でも削れば簡単に数万円の利益が確保できます。売上の10%しか利益にならないとするなら、例えば3万円の利益を生むには30万円の売上が必要になります。

30万円売上を伸ばすのと、3万円人件費を削るのとでは全然苦労が違います。

単に売上を30万円伸ばすだけでしたら意外と簡単です。

とりあえず半額セールでもしとけば売上は伸ばす事ができるでしょう。

しかし原価率が格段に上がりますので利益は減ってしまいます。

次に原価をトータルから3万円下げるのはどでしょうか?月の売上がいくらくらいかにもよりますが・・・

かりに100万円の売上としたら原価率30%で30万円が原価費用となります。

ここから3万円削るとなると1割削除となります。

ランチのボリュームが減ってしまったり、味が落ちたり・・・とお客様が逃げてしまいますよね・・

その点人件費については、今まで3人でやっていた事を2人でこなしたり、悲しいかな社員が残ってサービス残業したり・・・

と簡単に削ることができます。

さらに売上は天気や景気に左右されますが人件費は計画の段階である程度数字として読むことができるので会議の場などでも上司を納得させやすいですね。

デメリット

人件費=戦力だとすると戦力が下がる分、売上も下がっていきます。

なぜかお客様はバラバラには来店して下さらず大抵重なります。

常連様なら待ってくれる場合が多いですが、初めてのお客様はその隙に逃げてしまうものです。

1時間しかないお昼休憩に30分も待たされて料理が出てきたんじゃあいくら美味しくても行きにくいですよね

そんな小さな積み重ねが気付かぬうちに数字になって現れてきます。

本人は忙しいので実感が湧きませんが数ヶ月もしたら段々と暇になってきます。

慌ててまた人件費を下げるとまた売上が下がる・・・と言った悪循環に陥ってしまいます。

店舗の運営には、どうしてもかかる最低の人件費があります。お店には一人は従業員がいないといけませんから。

その人件費の額が売上の30%を超えてしまうところまでいってしまったらそこが損益分岐点、利益どころかマイナスになってしまいます。

ここまで落ちてしまったら厳しいです。

コーヒーモンスター
そうなる前に手を打たないと

人件費には店長の給料も入れて

よく個人店のオーナー兼店長さんなんかは、余ったお金がその月の給料と考えがちです。

私は大手企業で働いた経験がないもので実際のところはわかりませんが、パート・アルバイトのシフト計算表には店長やオーナーの人件費が含まれておらず、目の前の数字ばかりに目が行ってしまいがちです。

実際には社員や個人店オーナーの給料も経費としてかかりますので、その分も頭に入れておかないと、先の投資に回すお金が作れません。

家電製品と一緒で突然にコーヒーマシーンが壊れたり・・・皿を割ってしまったりと必ず何かイレギュラーが起こるものです。

時給を上げて人件費を下げる

それでも人件費を下げろと言われたら下げる努力をしないといけません。

まずは人件費を下げても戦力が下がらないように一人一人を育てていく必要があります。

単純に手が早くなるよう動きを指導する

商品知識をつけてもらう

イレギュラー時にどのように対処すれば良いか判断できる  など・・・

ただ店長が指導するにも限度があります。

やはり自主的に学んで欲しいものです。

そこでパート・アルバイトさんの時給を上げてあげるのはいかがでしょうか?人件費を下げなければいけないのに時給を上げたら逆行してるかのようですが、トータルでみて下げることができれば問題ないです。

パート・アルバイトさん達はお金を稼ぎたくて働きに出ています。

中にはコーヒーの勉強がしたい!将来お店を出したい!などお金以外の理由で働いてくれる人もいますが、大抵の人はお金です。

同じ働くならカフェがいいなぁ・・・くらいの人がほとんどかと思います。

そんなパート・アルバイトさん達のやる気を出させるのに言葉で褒めてあげる事も重要ですが、わたくしの考える最大の評価は時給を上げることです。

ただし、時給が上がるんだからそれなりの仕事内容を求めます。

過去の実績を評価して時給を決めるのか、これからの先も見越して時給を決めるのかはまた別の機会にでも話すとして・・・

皆仕事量は増えますが、より効率的にお金を稼ぐことができるわけで頑張ってくれると思いますよ。

コーヒーモンスター
わたしのお小遣いも上げてもらえればもう少し頑張ります・・・家事。

 

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

水出しコーヒーはアイスコーヒーだけじゃない!ホットにもおすすめです!

水出しコーヒーはアイスコーヒー専用と思っている方・・多いのではないでしょうか? 水出しは単に水の温度が「85℃」で淹れるのか「5℃」で淹れるのかの差です。 温度は人によっても違いますし、一番いい温度というのも特にありません。 しかし温度が違うと溶け出す成分も少し変わってきます。 冷たいお水で抽出したコーヒーを温めて飲むとまた違った一面を楽しんでもらえます。 今回は水出しについて探っていきます Contents1 水出しコーヒーの特徴1.1 温度と抽出時間の違い1.2 溶け出す成分と味の違い1.3 水出しコ ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2020/8/13

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回はミルの選び方の所で少しだけ触れた、微粉があたえる影響について探っていきたいと思います。 粉の挽きめで味が変わるわけですが、細挽きよりも細かい小さな粉が微粉です。 粉は細かいほうが成分が速く出ていきます。 今回はわたくしの素敵なわかりにくいイラストも使ってそのへんの原理について触れていこうと思います。 フレンチプレスのザラザラした舌ざわりが苦手な人も今回紹介する器具を使えば微粉を取り除く事が出来るので美味しく飲んでいただけるようになりますよ! Contents1 微粉は一番細かい粉1.1 成分の溶け出 ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/11

10月1日はコーヒーの日!なぜ?その由来と強力なライバル達

この前ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日について書きましたので 今回はコーヒーの日について探っていこうと思います。 ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について 案外知られていないコーヒーの日。 もっと広まってくれれば・・・と思いつつなぜ流行らないのか考えてみました。   Contents1 10月1日です。2 女性にコーヒーブレイクを贈る日3 露出が少ない4 ライバルが多い5 なんかコーヒーが安く買える日 10月1日です。 日本では ...

ReadMore

コーヒー

2020/8/10

ブルーマウンテンについて!なぜ高いのか・ハイマウンテンとの違いやブルーマウンテンコーヒーの日について

  どこに行ってもブルーマウンテンはやはり高価ですね! わたくしが都会に行った時に見たブルマンは100ℊ5000円くらいしました。 コーヒーモンスター5000円あれば飲みに行けますよね・・・ じゃあ100ℊ500円の豆の10倍美味しいかと言えばそうでもないです。 値段が高いのには単純な理由があります。 高価だからと言って万人受けするわけではありません。 今回はブルーマウンテンについて探っていきます。 Contents1 ブルーマウンテンとは1.1 特定銘柄としてのブルーマウンテン1.2 品種とし ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2020/8/13

喫茶店の味?ネルドリップとペーパードリップそれぞれの特徴~良い所・悪いところ

昔ながらの喫茶店に行ったらマスターがネルフィルターを使ってドリップしてくれます。 それに対し最近できたおしゃれなカフェはペーパーフィルターを使っているお店が多いように感じます。 コーヒーモンスターちなみにわたくしは両方使います。 今回は同じフィルターでも布と紙の違いを探っていきます。 どんな味に抽出したいかで使い分けてみるとおもしろいですよ! 最後にそれぞれの良い所・悪い所をまとめておきますのでお忙しい人はそこだけ読んで下さい! Contents1 ネルフィルター1.1 紙より繊維が太くて目が粗い1.2 ...

ReadMore

-店舗運営

© 2020 BASE CAMP.An COFFEE&HONEY Powered by AFFINGER5