コーヒー コーヒー抽出

細挽き・中挽き・粗挽き 違いを飲み比べてみました

 

今回はコーヒーの粉の大きさが抽出に与える影響をみていこうと思います。

コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すか・お湯と粉の触れ合う時間によると何回も書いてきました。

コーヒーモンスター
今回はお湯を注ぐタイミングはなるべく一定に抽出し、最後規定量まで落ちるのを待って抽出しました。

今回もどれが正解というわけではなく、淹れ方によって味を意図的に変える事ができますので

好みの味に近づける事が出来るという事を知って欲しいと思います。

この記事を読む前に是非この前書いたこちら ↓ の記事も読んで下さい!

パウダーコントロールで微粉をカット!雑味が消えてクリアな味わいに!

今回のレシピ

豆は中間的な焙煎・味であるBCB HOUSE BLENDを使用。

粉の量は15gで150ml抽出。

お湯の温度は87℃

最初に5秒で20mlのお湯を投入し、20秒蒸らしました。

25秒から2投目・20秒間を目安に20mlのお湯を投入。

45秒から3投目・23秒間を目安に25mlのお湯を投入。

1分10秒から4投目・15秒間を目安に55mlのお湯を投入。

1分25秒から5投目・15秒間を目安に65mlのお湯を投入。

トータル1分40秒で185ml注いで150mlまでサーバーに落ちたところで抽出を終わります。

円すい系のドリッパーを使用、後半は結構なスピードでお湯を注いで雑味を出さないようなイメージで淹れてみました。

 

淹れ比べ

粗挽き

一番お湯抜けが良く、悪く言えば粉が大きい分お湯がすり抜けていってしまう感じでした。

苦味がほとんど無く、酸味を感じますがそこまで酸味は強くなく一番華やかな印象を受けました。

薄いというよりはスッキリとした感じで飲みやすかったです。

まだコクまで出ていない感じですが、個人的には一番良かったかと思います。

 

中挽き

粗挽きに比べると最後落ち切るまでに数秒時間がかかりました。

コーヒーモンスター
注いだ時間は一緒に合わせたんですがそういう意味では抽出時間は同じではありません・・・すいません

色味は粗挽きとあまり変わりませんでしたが味は結構違いました。

最初の方に酸味を少し感じますが後半はあまり感じず、苦味もあまり感じませんでした。

酸味が苦手な方なんかはこれくらいが飲みやすいと思います!

細挽き

ドリップの場合、お湯の抜け感が悪く淹れにくい感じでした。

3種とも同じようにお湯を注ぎましたが細挽きが一番ドリッパーの中にお湯が溜まってしまいます。

(今回の抽出レシピは結構短時間で落とす抽出にしたので注ぐスピードも早く、その差は顕著に見られました)

透過法で淹れるつもりが浸漬法に近い抽出となりました。

浸漬法のほうが抽出効率は良くないですので

(抽出時間が長いので本来ならもっと渋み・雑味が出るかと思いましたが)

良くも悪くも雑味は少ししか感じませんでした。

それでも冷えると少し舌にピリピリとした感覚が少しだけ残りました。

3種の中では一番苦味がありました。

まとめ

粉の挽き目を変えるだけで結構味が変わります。

個人的にはドリッパー内でのお湯の留まり具合にかなり差があり

トータルの抽出時間にもかなり影響があると思います。

お湯の温度だけ変えて抽出するより影響が大きいと思います!

今回は中煎りの豆を使って検証しましたが、深入りだともっと差が出たかなぁと思います。

是非試しにやってみて下さい!

コーヒーモンスター
結局は好みですけどね!

 

コーヒー

2021/7/19

偉人とコーヒー●偉大な功績はコーヒーのおかげ!?ナポレオンとベートーベン

私はもちろんの事、きっとこのページに辿り着いたあなたもコーヒーが大好きに違いありません! 一日に何杯も飲んだり・・・ 仕事終わりに一杯飲んで疲れを癒したり・・・ 休日に音楽を聴きながらコーヒーを飲んでリラックスしたり・・・ 眠くなった時に飲んで目を覚ましてもうひと頑張りしたり・・・ とさまざまなシーンでコーヒーのお世話になっている事と思います。 コーヒーモンスターこれは、私達一般人だけではなく歴史上の偉人達も同じだったようです そんな今回はコーヒーが大好きで、きっと「コーヒー無しでは生きられない!」 と言 ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/8

カリタのドリッパー・扇形ロトとウェーブドリッパーの違い

  カリタのドリッパーと言えば3つ穴ですよね! コーヒーモンスターなんですがカリタの3つ穴も2種類あるんです。 今回はカリタの3つ穴の2種類・・ 扇形タイプのロトと円すいと扇形の中間的なウェーブドリッパーの 違いを探っていきます。 わかりやすいようにウェーブドリッパーのサーバーに乗せるための 下の黒いパーツは外しております。   Contents1 形状の違い2 穴の配置の違い3 リブの違い4 抽出の違い5 まとめ 形状の違い まずは形状の違いですが、正面から見ると思ったより似ています ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/2

円すいドリッパー▼ハリオ・コーノ・CAFEC ▼3社の違いと特徴

今回は見た目そっくりな3社のドリッパーを比べてみます。 全て樹脂製のドリッパーで比べています。 陶器製ですと物によって若干の誤差があったります。 あと陶器製より樹脂製の方がリブがしっかり立っていると思います。 樹脂製の方が型に流し込んで整形するので均一的です。 コーヒーモンスターでは見ていきましょう Contents1 形の違い1.1 形状はほとんど同じ1.2 リブの違い1.3 穴の大きさの違い2 抽出速度からくる味の違い 形の違い   形状はほとんど同じ どれも円すい系なので基本的な形はほとん ...

ReadMore

コーヒー

2021/7/2

コーヒーの品種 ~インドネシア~マンデリンやトラジャなど・生産地域と特徴

わたくしも好きでよく飲むインドネシアのコーヒー 種類がいっぱいあって色々楽しめます。 でもインドネシアの9割近くはカネフォラ種を栽培しているんです。 ですが日本でよく聞く銘柄はほとんどアラビカ種です。 今回は島ごとに栽培している豆の違いを探っていきます。 コーヒーモンスターお店でみかけたらインドネシアのどこで取れた豆なのか意識してみると面白いですよ!   Contents1 インドネシアのコーヒーの歴史1.1 たくさんの島があります1.2 簡単な歴史1.3 サビ病に被害2 主な生産地域2.1 ス ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2021/7/2

細挽き・中挽き・粗挽き 違いを飲み比べてみました

  今回はコーヒーの粉の大きさが抽出に与える影響をみていこうと思います。 コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すか・お湯と粉の触れ合う時間によると何回も書いてきました。 コーヒーモンスター今回はお湯を注ぐタイミングはなるべく一定に抽出し、最後規定量まで落ちるのを待って抽出しました。 今回もどれが正解というわけではなく、淹れ方によって味を意図的に変える事ができますので 好みの味に近づける事が出来るという事を知って欲しいと思います。 この記事を読む前に是非この前書いたこちら ↓ の記事も読んで下さい ...

ReadMore

-コーヒー, コーヒー抽出

© 2021 BASE CAMP.An Powered by AFFINGER5