コーヒー コーヒー器具

ドリッパー・円すい形と扇形・それぞれの違い・特徴

人生で何度聞かれたことか・・・と思うくらいよく聞かれるのが

円すい系のドリッパーと扇形のドリッパーの違いです。

下記記事 ↓   でも少し触れましたが今回はもう少し詳しく書いていこうと思います。

各メーカーの違いではなく、あくまで円すい系と扇形の違いを見ていきます。

コーヒードリッパー ハリオとカリタはどっちが使いやすい?

 

コーヒーモンスター
今回もどちらがいいとか悪いとかは特にありません! どちらが向いているかだと思います!

 

形の違い

まず説明不要かと思いますが、形が全然違います。

その形の違いがそれぞれの特徴となって現れています。

円すい系はその字の通り円すいの形です。

 

扇形は台形のような形で下が平で横長です。

上部は上から見ると丸い形になっています。

 

どちらも横から見ると三角形になっています。

濾過層の長さと粉の膨らみの違い

円すい系は、上が太い円・下に行くにつれて円が小さくなっていきます。

なのでコーヒーの粉を入れた時に粉の層が深くなります。

 

扇形は下が平で広がっていますので同じ量のコーヒーの粉を入れても

横に広がってしまい、粉の層は浅いです。

 

コーヒーの粉の層が長いほど、蒸らしの時にガスが上に抜けようと

ぐんぐん上がってきますので同じ豆でもよく膨らみます。

豆がよく膨らむとコーヒーの層はさらに深く=長くなります。

このコーヒーの層は抽出時の濾過層になっていて

この濾過層が長いほど、コーヒーとお湯の触れ合う時間は長く

なりますので、しっかりと抽出することができます。

抽出スピードとお湯の注ぎ方の違い

円すい系は穴が一つですがその分穴が大きいです。

なのでお湯を早く注ぎすぎてしまうと落ちるのも早いのですぐに抽出が終わってしまいます。

しかしゆっくりお湯を注ぐ事が出来れば、早くも遅くも抽出する事ができます。

また、お湯は最後一箇所へ流れていく=円すいの頂点(フィルターの先っちょ)へ

流れていき全体的に均一的に淹れやすくなります。

扇形はメーカーにより異なり、小さな穴がいくつかあいています。

おそらく1番普及しているのが小さな穴が3つあいたタイプです。

円すい系に比べるとお湯が落ちる速度は遅く、ゆっくりと抽出する事ができます。

抽出速度は安定しますが、早く落とすことが難しくなります。

コーヒーモンスター
ドリッパーへお湯を早く入れすぎるとお湯の中でコーヒーの粉が泳いでしまい コーヒーの成分がお湯へ移行しにくくなってしまうので注意です。

 

お湯を注ぐ時のイメージとしては

円すい系は中心部が1番濾過層が深く、お湯と触れ合う時間が長いので

真ん中メインにお湯を注いでいきます。

よく、ふちの部分や端の方にドバドバとお湯をかけいる人を見ますが

コーヒーの濾過層は端の部分は浅いですのであまりお湯をかける必要はありません。

下手をすると中心部はまだお湯が行き渡らずに蒸らしが不十分、外側の端の部分は

お湯が多すぎてドリッパーをつたって下からポタポタとお湯が落ちていく・・・

なんて事になっているかもしれません。

考え方は扇形も同じで、中心部が濾過層が深いですので中心部にお湯をメインに注いでいきます。

ただし、扇形なので粉を入れた時は上から見ると楕円形になっています。

なので注ぐ時もドリッパーの形に合わせて楕円形に注いだ方がいいです!

コーヒーモンスター
コーヒーの粉から均一的に抽出するイメージです

まとめ

円すい系ドリッパーは穴が大きく落ちるのが早いが

濾過層が深くお湯と粉の触れ合う距離・時間は長くその分をカバーしている。

お湯を注ぐスピードがコントロール出来れば抽出の幅は広く自分の味を表現できる!

扇形ドリッパーは濾過層は浅いが穴が小さく落ちるのが遅い

抽出スピードに制限はかかるものの仮にお湯を勢いよくいれてしまっても

ドリッパー内でとどまり、抽出がある程度安定する!

 

コーヒー

2021/7/19

偉人とコーヒー●偉大な功績はコーヒーのおかげ!?ナポレオンとベートーベン

私はもちろんの事、きっとこのページに辿り着いたあなたもコーヒーが大好きに違いありません! 一日に何杯も飲んだり・・・ 仕事終わりに一杯飲んで疲れを癒したり・・・ 休日に音楽を聴きながらコーヒーを飲んでリラックスしたり・・・ 眠くなった時に飲んで目を覚ましてもうひと頑張りしたり・・・ とさまざまなシーンでコーヒーのお世話になっている事と思います。 コーヒーモンスターこれは、私達一般人だけではなく歴史上の偉人達も同じだったようです そんな今回はコーヒーが大好きで、きっと「コーヒー無しでは生きられない!」 と言 ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/8

カリタのドリッパー・扇形ロトとウェーブドリッパーの違い

  カリタのドリッパーと言えば3つ穴ですよね! コーヒーモンスターなんですがカリタの3つ穴も2種類あるんです。 今回はカリタの3つ穴の2種類・・ 扇形タイプのロトと円すいと扇形の中間的なウェーブドリッパーの 違いを探っていきます。 わかりやすいようにウェーブドリッパーのサーバーに乗せるための 下の黒いパーツは外しております。   Contents1 形状の違い2 穴の配置の違い3 リブの違い4 抽出の違い5 まとめ 形状の違い まずは形状の違いですが、正面から見ると思ったより似ています ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/2

円すいドリッパー▼ハリオ・コーノ・CAFEC ▼3社の違いと特徴

今回は見た目そっくりな3社のドリッパーを比べてみます。 全て樹脂製のドリッパーで比べています。 陶器製ですと物によって若干の誤差があったります。 あと陶器製より樹脂製の方がリブがしっかり立っていると思います。 樹脂製の方が型に流し込んで整形するので均一的です。 コーヒーモンスターでは見ていきましょう Contents1 形の違い1.1 形状はほとんど同じ1.2 リブの違い1.3 穴の大きさの違い2 抽出速度からくる味の違い 形の違い   形状はほとんど同じ どれも円すい系なので基本的な形はほとん ...

ReadMore

コーヒー

2021/7/2

コーヒーの品種 ~インドネシア~マンデリンやトラジャなど・生産地域と特徴

わたくしも好きでよく飲むインドネシアのコーヒー 種類がいっぱいあって色々楽しめます。 でもインドネシアの9割近くはカネフォラ種を栽培しているんです。 ですが日本でよく聞く銘柄はほとんどアラビカ種です。 今回は島ごとに栽培している豆の違いを探っていきます。 コーヒーモンスターお店でみかけたらインドネシアのどこで取れた豆なのか意識してみると面白いですよ!   Contents1 インドネシアのコーヒーの歴史1.1 たくさんの島があります1.2 簡単な歴史1.3 サビ病に被害2 主な生産地域2.1 ス ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2021/7/2

細挽き・中挽き・粗挽き 違いを飲み比べてみました

  今回はコーヒーの粉の大きさが抽出に与える影響をみていこうと思います。 コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すか・お湯と粉の触れ合う時間によると何回も書いてきました。 コーヒーモンスター今回はお湯を注ぐタイミングはなるべく一定に抽出し、最後規定量まで落ちるのを待って抽出しました。 今回もどれが正解というわけではなく、淹れ方によって味を意図的に変える事ができますので 好みの味に近づける事が出来るという事を知って欲しいと思います。 この記事を読む前に是非この前書いたこちら ↓ の記事も読んで下さい ...

ReadMore

-コーヒー, コーヒー器具

© 2021 BASE CAMP.An Powered by AFFINGER5