コーヒー コーヒー器具

ドリッパー・陶器製と樹脂製どっちがいいの?

ドリッパー選びでやっぱりよく聞かれるのが陶器製と樹脂製の違いです。

やっぱり高いから陶器の方が美味しく淹れられるんでしょ?
コーヒー好きなマダム

と思われがちのドリッパー。

コーヒーモンスター
結論から言うとさほど味には影響ありません。

今回は陶器と樹脂製の器具の違いからどちらを選べば良いかアドバイスしたいと思います!

陶器製ドリッパーの良いところ

見た目が良い

陶器製の器具の良さはまず見た目の良さがあります。

カラフルな器具はテンションアップ間違いなしです。

質感が良い

見た目に艶があり、手に取ってもずっしり重たい重厚感。

コーヒーモンスター
一言で言うと高級感があります。

保温力が良い

陶器で出来たドリッパーは陶器内部にたくさんの気泡が入っています。

なので一度温められた陶器のドリッパーは保温力が抜群です。

 

陶器製ドリッパーの悪いところ

冬場は温めないと逆に冷たい

陶器製なので外部の温度=保管場所の温度によって温度が変化します。

コーヒーの美味しく感じる季節=冬の寒い時期は逆に冷たくなってしまいます。

暖房が聞いた部屋であってもキッチンの棚の奥にしまっている器具はひんやりします。

なのでしっかりとお湯で温めて使用しないといけません。

落としたら割れる

陶器なので落としら割れます。

器具を買いに来てくれる人の何割かは「割れてしまったから」です。

値段が高い

高級感はありますが、その分値段が高いです。

サーバーやカップにあたりカチカチ言ってきになる

陶器なのでガラス面にあたるとカチカチ音が鳴ります。

サーバーやカップなどにセットして抽出する時に意外と気になります。

乱雑に扱うことはないでしょうが、気にするお客様が結構います。

重たい

これも陶器だから仕方ない事ですが少し重たいです。

ドリッパーだけならなんてことないですが、サーバーにセットして

お湯を注ぎ、ちょっと移動させたいなんて時があると結構重たいです。

 

樹脂製ドリッパーの良いところ

年中温度変化が少ない

樹脂製の器具は温度変化が少ないので真冬であってもそこまで

ひんやりする事はありません。

その分温めても保温力はあまり高くありません。

透明なので横からコーヒーにお湯が染みていく様がみれる

透明タイプのドリッパーなら最初の蒸らしの時に

お湯が染みていくのを目視で確認できるので

お湯をどれくらい入れれば丁度いいのか段々とわかってきます。

数秒かけて染み渡っていき、最初の一滴がポトッと落ちる感じが見て取れます。

軽くて落としても平気

樹脂製の器具は軽いので持ち運びが楽なのと

落としても割れないので安心です。

陶器のようにサーバーやカップに置いてもカチカチしません。

値段も安価で揃えやすい

陶器タイプを一個買う値段で何個も買えますので

色んなメーカーのドリッパーを買って試したり出来ます。

樹脂製ドリッパーの悪いところ

使っていく程にキズや白い濁りがでてくる

割れることはほぼないのですが、月日とともに段々と

キズがついたり、白く濁ったような=曇ったような感じに痛んできます。

コーヒーモンスター
それでも気にせず何年も使っていますが・・

チープ感がある

陶器に高級感があるならば、樹脂製はチープ感があります。

安くて軽いですのでそう思わされてしまいます。

見た目の華やかさがない

最近では色々なカラーのタイプが出ておりますのでそこまで気にならなかったりもしますが

陶器タイプの方が光の当たり方や質感の違いで見た目の華やかさでは負けると思います。

まとめ

最初は樹脂製で色々なメーカーさんのドリッパーを試してみて

気に入ったメーカーさんのドリッパーで気になるやつがあったら買って下さい!

以前書いたコーヒーミルの記事にもありますが結局最後は愛着が湧く器具かどうか

ってところが決めてかもしれません!

手挽きのコーヒーミルを選ぶ時の失敗しない為の6つのチェックポイント

 

コーヒーモンスター
わたくしは形から入るタイプなのでいきなり買ってしまいますが....

 

コーヒー

2021/7/19

偉人とコーヒー●偉大な功績はコーヒーのおかげ!?ナポレオンとベートーベン

私はもちろんの事、きっとこのページに辿り着いたあなたもコーヒーが大好きに違いありません! 一日に何杯も飲んだり・・・ 仕事終わりに一杯飲んで疲れを癒したり・・・ 休日に音楽を聴きながらコーヒーを飲んでリラックスしたり・・・ 眠くなった時に飲んで目を覚ましてもうひと頑張りしたり・・・ とさまざまなシーンでコーヒーのお世話になっている事と思います。 コーヒーモンスターこれは、私達一般人だけではなく歴史上の偉人達も同じだったようです そんな今回はコーヒーが大好きで、きっと「コーヒー無しでは生きられない!」 と言 ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/8

カリタのドリッパー・扇形ロトとウェーブドリッパーの違い

  カリタのドリッパーと言えば3つ穴ですよね! コーヒーモンスターなんですがカリタの3つ穴も2種類あるんです。 今回はカリタの3つ穴の2種類・・ 扇形タイプのロトと円すいと扇形の中間的なウェーブドリッパーの 違いを探っていきます。 わかりやすいようにウェーブドリッパーのサーバーに乗せるための 下の黒いパーツは外しております。   Contents1 形状の違い2 穴の配置の違い3 リブの違い4 抽出の違い5 まとめ 形状の違い まずは形状の違いですが、正面から見ると思ったより似ています ...

ReadMore

コーヒー コーヒー器具 コーヒー抽出

2021/7/2

円すいドリッパー▼ハリオ・コーノ・CAFEC ▼3社の違いと特徴

今回は見た目そっくりな3社のドリッパーを比べてみます。 全て樹脂製のドリッパーで比べています。 陶器製ですと物によって若干の誤差があったります。 あと陶器製より樹脂製の方がリブがしっかり立っていると思います。 樹脂製の方が型に流し込んで整形するので均一的です。 コーヒーモンスターでは見ていきましょう Contents1 形の違い1.1 形状はほとんど同じ1.2 リブの違い1.3 穴の大きさの違い2 抽出速度からくる味の違い 形の違い   形状はほとんど同じ どれも円すい系なので基本的な形はほとん ...

ReadMore

コーヒー

2021/7/2

コーヒーの品種 ~インドネシア~マンデリンやトラジャなど・生産地域と特徴

わたくしも好きでよく飲むインドネシアのコーヒー 種類がいっぱいあって色々楽しめます。 でもインドネシアの9割近くはカネフォラ種を栽培しているんです。 ですが日本でよく聞く銘柄はほとんどアラビカ種です。 今回は島ごとに栽培している豆の違いを探っていきます。 コーヒーモンスターお店でみかけたらインドネシアのどこで取れた豆なのか意識してみると面白いですよ!   Contents1 インドネシアのコーヒーの歴史1.1 たくさんの島があります1.2 簡単な歴史1.3 サビ病に被害2 主な生産地域2.1 ス ...

ReadMore

コーヒー コーヒー抽出

2021/7/2

細挽き・中挽き・粗挽き 違いを飲み比べてみました

  今回はコーヒーの粉の大きさが抽出に与える影響をみていこうと思います。 コーヒーの抽出は成分をどこまで引き出すか・お湯と粉の触れ合う時間によると何回も書いてきました。 コーヒーモンスター今回はお湯を注ぐタイミングはなるべく一定に抽出し、最後規定量まで落ちるのを待って抽出しました。 今回もどれが正解というわけではなく、淹れ方によって味を意図的に変える事ができますので 好みの味に近づける事が出来るという事を知って欲しいと思います。 この記事を読む前に是非この前書いたこちら ↓ の記事も読んで下さい ...

ReadMore

-コーヒー, コーヒー器具

© 2021 BASE CAMP.An Powered by AFFINGER5